コロナを怖がっている人に、是非見てもらって下さい。

 

 

 

検問のない「bit chute」という動画サイトです。

 

 

 

 

 

同じ動画です。こちらは動画サイトではなくオンラインファイルストレージ「mega」です。

 

 

 

 

 

 

この動画が作られた背景について説明している記事も紹介しておきます。

 

 

 

報道されないので、この活動は一部の人しか知りません。しかし、それでも10万人の医療従事者が関わっています。

 

 

 

また、コロナは詐欺なので、弁護士達も立ち上がっています。

 

 

 

報道されない事=デマと考える人は多いですが、

 

 

 

信用問題に関わるので、適当な動機では、医療従事者や弁護士は動きません。

 

 

 

メインストリームと逆の事を主張している彼らは、命の危険、職を失うリスクを抱えて活動しているので、多くの人に知ってもらいたいです。

 

 

 

10万人の医師と医療関係者がCOVID-19ワクチンに反対して団結

 

 

医師達は、今、急速に、世界中での完全な大量殺戮推進に変わりつつある、事前に計画された、捏造されたプランデミックに対して団結しています。

 

 

10万人以上の医師と様々な医療専門家が今、政府の計画された大虐殺に反対して団結しています。製薬会社は、動物実験を意図的にスキップした未検証のワクチンを介して、長期療養施設での虐殺を開始する準備ができています。

 

 

パンデミックはありません。政府は死亡者数を偽装しています(すべての死亡者をCOVIDという捏造されたカテゴリーに入れています)。

 

 

すべての政府は、健康な人を感染者としてマークするためにRT-PCR機械を使用しています(したがって、病気ではない人の恐怖に基づいた症例デミックを引き起こしています)。

 

 

これらの医師や医療専門家が警鐘を鳴らすように、このビデオを広く拡散してください。このビデオはすでにFacebookやYouTubeで禁止されており、世界中のメディアから非難されています。

 

 

このビデオは、Oracle Filmsのチームと、世界中から集まった勇敢で科学的、医学的な専門家たちによって制作されました。

 

 

 

 

医療従事者達の警告通り、人体実験の悲惨な結果が次々と報告されています。

 

 

 

ちなみに、仮にこうなっても製薬会社は免責されているので、訴える事ができません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副作用の報告の一部を紹介します。削除される可能性が高いのでお早めに見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

このツイートは削除対象なので、こうなりました。

 

 

 

 

でも、Mitzさんがyoutubeにアップされており、こちらは今のところ見れるのでどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年間ワクチン研究に関わっていたキャリー・マディ医師は、このように警告しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

動画はこちらから。

 

 

20年間ワクチン研究をしてきたキャリー・マディ―医師【緊急告知】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対策

 

 

ワクチンを回避する一番の対策は、一人でも多くの人に情報を伝える事です。

 

 

 

それに失敗する人もいるので、私の伝え方を紹介しておきます。

 

 

 

 

ワクチンはコロナを防ぐ唯一の解決策だと、政府やメディアが宣伝しています。

 

 

 

 

薬害問題に詳しくない人は、「ワクチンは危機を救ってくれるヒーロー」だと思っているので、それを覆すのは難しいです。

 

 

 

なので、あれこれと説明せず、この記事の一番上の動画を見るように働きかけて下さい。

 

 

 

お気に入りの映画や漫画を紹介するようなノリで構いません。

 

 

 

医療従事者、科学者達が顔と名前と経歴を出してメッセージを伝えているので、考えるキッカケになります。

 

 

 

一度で「今まで教えられてきた考え」が、いきなり完全に崩れるわけではありませんが、ヒビくらいは入ります。

 

 

 

ちょっと「おかしいな」とか、「考えてみよう」という気にさせる事ができれば、とりあえず成功です。

 

 

 

とにかく、自発的に考える事が大事です。

 

 

 

 

「人に言われたから止める」程度だと、また「人に言われたから打つ」...と簡単に変わります。多数派や肩書が大きい方に誘導されます。

 

 

 

一人一人に張り付いて、その度に説得するわけにもいきません。

 

 

 

だから、本人が考えて、納得して結論を出せるように働きかける事が大事です。

 

 

 

答えを教えるのではなく、問題を解く方法を教える感じです。

 

 

 

最近であれば、検問が酷いので、ワクチンの情報を発信している医師を教えるとか。例えば↓。

 

 

医療法人聖仁会 松本医院

 

 

 

 

ワクチンの薬害は、コロナよりもっと怖いので、起きている事実だけ伝えれば、必ず心に残ります。

 

 

 

 

これは子宮頸がんワクチンの例ですが、悲惨です。

 

 

 

 

https://twitter.com/korimaru0206/status/1341900180895895553

 

 

 

 

 

HPVとは、ヒトパピローマウイルスの事。子宮頸癌の原因とされているウイルス。

 

 

 

 

 

 

遺伝子組み換えワクチンは、これを上回ると思っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

行政に働きかける方法の例がこちら。

 

 

 

 

 

 

以下は、個人が助かる方法です。

 

 

 

ただし、そのせいで仕事ができない、学校に行けない、お店に入れない、交通機関が利用できない...といった制約があれば、この方法も使えなくなります。

 

 

 

健康は守れても、社会的に死にます。

 

 

 

でも、参考程度に。

 

 

 

 

 

 

 

もしもあなたやあなたの家族が、ワクチンを打つように言われたら、下記の文面を印刷して、読み上げ、署名に同意してもらってください。(理解したら署名しないはずです)

 

ご自身の信念に沿うように編集してお使いください。