カテゴリー:医療従事者の主張

 

 

『コロナパンデミックは、本当か?: コロナ騒動の真相を探る(大橋眞先生監修)』の著者でもあるバクディ教授です。

 

 

 

優しい先生のイメージでしたが、最近は社会の状況に対して怒っておられます。

 

 

 

 

 

ドイツ・マインツ大学名誉教授スチャリット・バクディ博士による講義 − 『免疫性、及びこの度開発中のワクチンについて』

 

 

2020年ブダペスト医学会議にて。

 

 

原題:COVID-19 Immunität und Impfung I immunity and vaccination (Prof. Dr. med. Sucharit Bhakdi)

 

 

【ソースとなるYouTube動画は検閲により削除され、バクディ教授自身のYouTubeチャンネルも警告されて一週間凍結されたそうです。動画保存していた人たちがコピーをアップしています】

 

 

バクディ教授はこれまでドイツで1万2000人の医師を育ててきた功績者であり、世界的に知られる微生物学、ウィルス学、伝染病額の専門家です。

 

 

2020年3月、パンデミックが騒がれ出した時点でバクディ教授は状況を観察し、分析を行い、メルケル首相に公開書状を書いて、これは恐れるに足らない「中程度のインフルエンザよりも危険度の低い感染病」であることを説明し、ロックダウンなどは行わない方針を勧めました。

 

 

しかしメルケル政権はこれを完全に無視。その後メディアでバクディ教授は「陰謀論者」として晒される侮辱を受けました。

 

 

しかし、教授は妻で生物学者のカリーナ・ライス教授と共に、人々の啓蒙を諦めませんでした。

 

 

この動画はハンガリーの医師連からの依頼に応えたもので、現在開発中の遺伝子ベースのワクチンについての見解を述べてくださっていますが、教授の説明は素人でも大変わかり易く、またそれを意図して広く語りかけ、議論を呼びかけるために教授はこの講義をして下さっています。

 

 

この動画の中で、教授が自分の名誉のためではなく、人々の健康と幸せを心から願う暖かい心をもった人格者であることが伺えます。翻訳させて頂けた私も感謝でいっぱいです。

 

 

ワクチンについて疑問に思われる方も多い今、この動画を皆さんが今後の判断に役立てて頂けますように。

 

 

字幕翻訳: ᗩᒪᗩᗴ ᑭᕼOᗴᑎIᑕIՏ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スチャリット・バクディ「これは犯罪です」

 

 

 

 

 

 

 

スチャリット・バクディ-:血栓とその先(前編)

 

 

 

 

 

 

 

 

スチャリット・バクディ-:血栓とその先(後編)

 

 

 

 

 

 

 

スチャリット・バクディ:ワクチンアピール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療現場から、早期に表れる、軽症の副反応報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ軽症の方がマシだそうです。

 

 

 

側に救急カート置いた方がいい...は、大げさではありません。

 

 

 

イギリスでも心配蘇生ユニットが必要という話がありましたから。

 

 

 

 

 

 

 

ファウチ博士も認めていますね。今回のワクチンに関しては、効果が保証されるのはせいぜい2か月だと言われているんです。効果があればの話ですよ。たった2か月です。

 

 

分かっていることは他にもありますね。アナフィラキシーショックのリスクも高いと言われています。

 

 

英国では、ファイザーのワクチン接種において、多くの人が接種直後に、心肺機能停止に陥り、蘇生を行ったそうです。

 

 

 

聞いたことがありませんよ、ワクチンや薬の治験で、心肺蘇生ユニットを隣に設置しなくてはならないなどとは。全てが受け入れがたいことです。

 

 

 

現時点において、限られたデータからですが、ワクチン接種後、10~15%の確率で、深刻な副作用が出たと報告されています。

 

 

 

確率的にはかなり高いですよね。今までのところは。

 

 

 

今回のワクチンについて更に分かって来たのは、接種後も感染を防止できないことです。

 

 

 

マスク着用は継続しなければならず、ソーシャルディスタンスも同様です。ロックダウンも隔離も必要と言っていますよ。

 

 

 

ワクチンが解決にはならない。

 

 

 

つまり、ワクチン接種で自由は保証されませんし、ワクチンを打ったとしても病気にならない保証はないのです。効果はたった2か月ですから。

 

 

 

これはワクチン製造者自身の言葉ですよ。覚えておいて下さいね。

 

 

 

今回は軽症の副作用を中心にまとめましたが、重症は、日本の場合ほとんど隠蔽されています。

 

 

【法律違反】医療現場では職員に対してコロナワクチン接種の強制と、副反応の隠蔽が行われている

 

 

 

 

海外の被害報告は、写真や動画等たくさんあるので、重症になるとどうなるのかを知りたい方は、こちらを参考にして下さい。

 

 

コロナワクチン副作用報告一覧

 

 

 

 

「何も起きない人がいるじゃないか」と考える人は、以下のようなカラクリがあることを知りません。

 

 

 

コロナワクチンを打っても副作用が起きない人がいる2つの理由

 

 

 

【人体実験】コロナワクチン副作用報告 ~その29~ 27歳の研修医が3か月後に急死

 

 

 

コロナに罹らない為に打つmRNAワクチンによって、寿命が短くなることを心配する専門家達

 

 

 

 

 

毎年、インフルエンザになる人は1000万人、

 

 

 

亡くなる人は3000~10000人と言われていました。

 

 

 

身近な人がインフルエンザになった話もよく聞きました。

 

 

 

でも、新型コロナにかかったという人はいない...

 

 

 

知り合いの知り合いに1人いたくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ感染者が多く感じるのは、メディアによる恐怖の演出が原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※コロナの感染者数はすべてPCRによる水増しです。そのインチキでもこの数字です。

 

 

 

 

 

 

感染者が多いとか、医療崩壊も全部嘘なのでそのトリックを解説します。

 

 

 

 

一つの手口ではなく、複数の手口を組み合わせているので、1つの分野だけ得意な専門家は騙されやすいです。

 

 

 

医療崩壊の原因

 

 

まずは、システムの問題から。

 

 

無症状者を入院させるので、本当に入院が必要な人が医療を受けられなくなっています。

 

 

片岡ジョージ@4コマ漫画家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変じゃない証拠。こういうのは絶対報道しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

実績があって安くて副作用が少ない治療法を使いにくくする

 

 

新型コロナの治療法はたくさんあるのですが、どれも弾圧されました。

 

 

 

現在も使いにくい状態です。

 

 

 

アビガンを例にすると、「副作用が酷い」とか、「効果がない」とか、メディアで繰り返し伝える事によって、そのように信じる人が増えました。

 

 

 

医療従事者でさえ、本当に副作用が酷い、効果がない薬だと考えていることも分かりました。

 

 

アビガンは「ウイルスの増殖をストップさせる薬」なので、増殖する前の初期に投与する必要があります。

 

 

 

これはアビガン開発者の白木教授が何度もそう呼びかけています。

 

 

 

それなのに、わざと重症化させた後に使うなどして、「効かない薬」だと主張する医師もいました。

 

 

 

適切な使用をしないことで、効果がないと見せかける・・・有益な治療法の潰し方で、昔からよく使われてきた手口です。

 

 

 

ビタミンもこの方法で叩かれました。

 

 

 

これは政治の問題なので、「政治によって科学が歪められる」という見方ができないと専門家でも騙されます。

 

 

 

どんな圧力をかけられたかは、以下の記事を参考にして下さい。

 

 

新型コロナの治療法一覧

 

 

 

どれも、効果があって、副作用が極めて少なく、安いのです。

 

 

 

これらを使えば、治療にあたっている医療従事者の健康も守れますし、ベッドを占領することもありません。

 

 

 

医療崩壊等起こりようがないのです。

 

 

 

自粛も必要ないので、経済も崩壊しません。

 

 

 

治療法の弾圧で、今のような被害が生じました。

 

 

 

会社経営者はもっと怒った方がいいです。

 

緊急事態宣言に従わない飲食店の考え

 

 

 

【PCRは診断用ではない】捏造して感染者を増やす

 

 

感染者が増えた事も、医療崩壊の原因の一つです(インフルエンザには及びませんが)。

 

 

 

しかし、ここにもトリックがあります。

 

 

 

PCRは検査用ではないので、誤診が多いのです。

 

 

 

当ブログは国内外のPCRに詳しい専門家の情報を紹介しています。大橋眞先生や吉野敏明先生等。

 

 

 

ここでは、アンドリュー・カウフマン医師の短い説明を紹介します。

 

 

 

 

こちらがCt値。

 

増えるほど陽性が出やすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスに感染していなくても、陽性反応が出る場合があります。

 

 

誤診率が90%なので、医療ミスもいいところです。

 

 

 

 

これは私が適当に言っているのではありません。海外では裁判にもなっています。

 

 

 

 

 

PCR開発者のキャリーマリス博士は生前、次のように述べており、PCRを感染症の検査に使ってはいけないと考えていました。

 

 

 

 

 

 

彼の生前の姿も残っています。

 

 

以下の動画では(1:50~から)、

 

 

「PCRをうまくやれば、誰の中にもほとんどなんでも見つけられますよ」と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

健康な人も、感染症以外の病気の人も、物でも陽性になるのです。

 

 

 

そうなると、「新型コロナウイルス感染症とは全く関係ない人」に、陽性者というラベルを貼ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

片岡ジョージ@4コマ漫画家

 

 

 

 

 

これによって数が増やせるわけです。詳しくはこちらの記事で。

 

 

PCR検査関連 の 記事一覧

 

 

 

 

インフルエンザ等の他の感染症患者がコロナ感染者になっている

 

 

インフルエンザが減ったのは、感染症対策のおかげではありません。

 

 

医師会の指示のおかげです。

 

 

 

 

 

 

 

PCRを受けて陽性になればコロナになります。

 

 

 

 

 

 

 

死亡診断の定義を変える(PCR陽性者は、別の死因で亡くなってもコロナ死)

 

 

 

PCR検査は、90%が偽陽性で誤診です。

 

 

 

にも関わらず、陽性者が亡くなれば、どんな死因であろうと、新コロで亡くなったとしてカウントされます。

 

 

 

ちなみに、日本では、毎日約3000人の方がお亡くなりになります。

 

 

 

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

 

 

 

 

そういう人達にPCRをして陽性だったら、コロナで死んだことになります。

 

 

現場の職員も確信犯です。

 

 

以下は活動家が地方自治体に抗議に行ったときのものです。

 

 

 

 

 

 

 

【金】コロナ患者を扱うと診療報酬UP

 

 

診療報酬目当てに、コロナ認定する医師がたくさんいました。

 

 

日本より海外の方が酷いです。検査もしていないのに陽性になった事にしたり、

 

 

被害者の人数が多いのはその為です。

 

 

 

 

多くの人が証言しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外程ではないですが、日本も金儲けをしている人達がいます。

 

 

 

 

 

 

新型コロナ重点医療機関等での空床確保、1日当たりICUで30万円超、HCUで21万円超、その他病床で5万円超の補助―厚労省

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まともな医師には圧力がかかる

 

 

不正に加担すると儲かりますが、

 

 

公益になる行動を取ろうとすると圧力がかかります。

 

 

嘘を暴いたり、本当に患者が治る治療法を推奨すれば、叩かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらへ。

 

医療従事者がコロナの嘘を暴こうとすると、圧力がかかるかかるようです。

 

 

 

 

 

医療従事者の知識不足

 

 

人にもよるのですが、素人でも分かる事を分かってない医療従事者が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の経験ですが、ちゃんと説明すれば、基礎知識があるのでインチキに気付いてくれる確率が高いです。

 

 

 

他の職業の人に比べると、興味を持ってくれたり、「調べてみる」と言ってくれる人が多いです。

 

 

 

彼らに適切な情報を与えないシステムに問題があります。

 

 

 

医療以外の知識が足りない

 

 

新型コロナウイルスが流行した時期と、5Gが始まった時期はほぼ同じです。

 

 

5Gの健康被害は多く報告されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下が、コロナが流行った場所と、5Gエリアの図です。

 

 

 

 

 

 

電磁波の健康被害に関心がある日本人は少ないので、電磁波障害が起きたとしても、気付かないでしょう。

 

 

 

病院に行っても解決しません。

 

 

 

電磁波の知識がある医療従事者が少ないからです。

 

 

 

電磁波対策が必要な患者に、その可能性を考えたり、対策の指導もないです。

 

 

 

当たり前ですが、この2つは解決の仕方が全く違います。

 

 

●感染症対策

 

 

●電磁波対策

 

 

 

電磁波障害になった患者に、感染症の治療や対策をしても効果はありません。

 

 

謎の症状が続きます。

 

 

 

「新型コロナがただの風邪なら、何故味覚障害が治らない人がいるのか?」について

 

 

新型コロナが嘘なら何故子供が重症化するのか【小児多臓器炎症症候群】

 

 

 

電磁波・5G関連 の 記事一覧

 

 

 

「コロナは怖い病気である」という結論で動いている

 

 

 

「コロナ怖い」は嘘です。

 

 

 

 

 

 

怖がらせる方法は、たくさんあります。

 

 

コロナ詐欺 の 手口 一覧

 

 

 

コロナは政治です。

 

 

医療詐欺によって、社会変革、これまでの世の中を初期化する事が目的です。

 

 

【自粛全て無駄】コロナ騒動が感染症対策で終わらない理由

 

 

 

 

 

 

 

コロナは科学を無視しているため、色んなところに矛盾が生じています。それを上手く描いた作品が、片岡ジョージさんの『コロナは概念』です。

 

 

 

コロナ騒動の本質を理解するほど面白くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒドロキシクロロキンは、海外では効果がある事が知られた薬なのですが、日本ではあまり取り上げられません。

 

 

 

危険で副作用が酷いと言われていたので、私も最初はそう思っていました。

 

 

 

しかし、昨年の夏頃から、ちょっと違うのかなと思うようになりました。

 

 

 

現場でヒドロキシクロロキンを使った医師達が、効果があると主張していたからです。

 

 

 

結果が出ているなら信憑性があります。

 

 

 

 

臨床医が語るヒドロキシクロロキンの効果

 

 

 

 

 

 

結果もですが、

 

 

 

それを推奨していた医師がバッシングされたり、動画が削除されるのを確認したので、これは本当に効く薬だと思いました。

 

 

 

医療の世界では、効果のある治療法ほど叩かれ、効果はないけど儲かる技術は賞賛されるという法則があるからです。

 

 

 

例えば、アビガン、周波数治療、等。

 

 

 

【中学生でも分かる】特効薬アビガンが国民に処方されない理由

 

 

周波数治療【ロイヤル・レイモンド・ライフ博士の話・前編】

 

 

 

 

弾圧されるヒドロキシクロロキン

 

 

 

youtubeに以下の動画がアップされて、日本語に訳されていたのもありました。

 

 

 

でも、すぐに消されました。早かったです。

 

 

 

2回見ましたね。

 

 

 

 

 

 

現在は、検問のないBitchuteにアップされています。

 

 

 

 

 

こちらのサイトで、和訳らしきものが読めます。

 

 

会見当日にあらゆるソーシャルメディアから抹殺された、現役医師らによる「コロナウイルス -白衣の記者会見」全容

 

 

 

 

後に、シモン・ゴールド医師は、弾圧された事を語っています。この動画もまた消されたので、スクショがアップされている記事から流れを見て下さい。

 

 

医学博士「偽情報に抗議したことで病院から解雇された」Turning Point USA(重要)

 

 

 

まず、シモン医師の経歴と、ヒドロキシクロロキンの簡単な説明です。

 

 

 

 

 

最初は使えそうな感じになります。

 

 

 

 

 

しかし、ここから流れが変わります。

 

 

 

 

 

 

抗インフルエンザ薬のアビガンも、安全性が確認されて承認され、しかもエボラの時に活躍した薬なのに、新コロの件で世間が注目し始めると、突然危険な薬だと言われました。

 

 

 

それと、全く同じです。

 

 

 

でも、同じような状況のクロロキンに対しては嘘を真に受けてしまいました。

 

 

 

反省しています...。

 

 

 

科学は政治によって歪められます。

 

 

以下の話を読むと、酷い扱いを受けていたことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

世界医師連盟の会長ドローレス・カヒル教授の見解

 

 

 

『世界医師連盟』は2020年10月10日に設立され、コロナパンデミックが捏造されたパンデミックだと発信し続けています。

 

 

メンバーは増え続け、現在12万人以上だそうです。

 

 

 

 

会長であるドローレス教授が次のように述べています。

 

 

 

【 Prof.Dolores Cahill 】

 

 

私はドローレス・カヒル、微生物学および免疫学の教授です。

 

 

また、この「世界医師連盟」の会長でもあり、ACU2020.ORGを支援しています。

 

 

ここに、Dr.ハイコ・シェーニングやDr.モハメド・アディルを始め、同僚の皆さんと同席させて頂けて嬉しいです。

 

 

 

我々がこの場において、良いニュースとして言えることは「コロナウィルスは12月から4月にかけて流行る季節性のウィルスで、症状がある人には吸入ステロイド、ヒドロキシクロロキン、亜鉛などの治療法があるとの事。

 

 

 

ですからロックダウンの必要はなく、怖がることもなく、マスクもソーシャルディスタンスも隔離も不必要です。

 

 

効果的な治療法があるのに、昨年流行したインフルエンザのために、人々を家に閉じ込められています。

 

 

 

こちらの動画で見れます。

 

 

 

 

 

このように、効く薬を弾圧するのは、ワクチンを推奨する為です。

 

 

 

解決策があれば、誰もワクチンを打たないので、解決策を潰すのです。

 

 

 

ワクチンを打つとこうなります。

 

 

【拡散用】コロナワクチンの副作用