カテゴリー:電磁波
ホームPage 1 / 11

 

 

肺炎になっているかどうかを自宅で確認する方法を紹介します。

 

 

 

医師のJPSikaHunterさんの解説です。

 

 

オキシ・・・オキシジンoxygen(酸素)

 

 

 

 

 

 

パルスオキシメーターの読み方

 

 

 

 

 

 

血液中の酸素濃度ではなく、ヘモグロビンが何%酸素と結合しているかを測ります。

 

 

 

ここで、ヘモグロビンについて説明します。

 

 

血液の成分は、4つで構成されています。

 

 

血しょう・・・液体

 

赤血球・・・球体

 

白血球・・・球体

 

血小板 ・・・球体

 

 

 

赤血球は、体中に酸素を配達してくれる細胞です。

 

 

 

そして、「赤血球という袋の中」にたくさん含まれているのが「ヘモグロビン」です。

 

 

 

ヘモグロビンが赤いから、赤血球が、血液が赤く見えます。

 

 

 

ヘモグロビンは「鉄を含んだタンパク質」です。この鉄に酸素がくっついて運ばれます。

 

 

 

ヘモグロビン(の鉄)に酸素がくっつかなければ、全身に運べなくなるので、体が酸欠になります。

 

 

 

その症状は、例えばこんなのがあります。

 

 

 

だるい

 

眠い

 

動悸・息切れ

 

めまい

 

頭痛

 

 

 

 

パルスオキシメーターは、ヘモグロビンが何%酸素と結合しているかを測るものです。

 

 

 

 

余談ですが、電磁波の影響を受けているかどうかも調べられるかもしれません。

 

 

 

 

以前、5Gの基地局を設置していた技術者が、呼吸困難になる危険性を動画で語っていました。電磁波によって息苦しくなる人はいるので、信憑性はあります。

 

 

 

 

残念ながら、現在はその動画は削除されてしまったので、動画やそのコメントから得た情報の要点を書いておきます。

 

 

 

 

 

60GHzに関して興味深いのは、60ギガヘルツは酸素によって吸収される

 

 

2.4GHzは電子レンジや携帯電話、自宅のルーターの電磁波と同じ周波数帯

 

 

それらは水素分子に作用する。だから水を沸かせることができる

 

 

それは電子を回転させる

 

 

40から60GHzの周波数帯は酸素分子に作用する

 

 

酸素分子に吸収され、電子がスピンし、ヘモグロビンが鉄とくっつかなくなる

 

 

それで呼吸困難になる

 

 

 

 

中国でCobit19が一旦閉塞した様な状況なのは武漢以外に5Gアンテナが少ないからだと思えばそうなっている。

 

 

でもアビガン等が効果あるのは、誰も5Gの60G電磁波で阻害されたヘモグロビンと鉄の結合を助けるからだとは思わないだろうね。理屈は合っている。

 

 

 

 

5Gは危険だと言うと、デマだと言われます。

 

 

 

 

でもそう思われる方は、以下の動画の最初~3:00までの、鳥が落ちている映像を見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

5G基地局はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

参考程度に。

 

 

https://twitter.com/kBtipLLxcwAogcW/status/1302095650327158785

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスは、残念ながら、存在が確認されていない「架空のウイルス」です。

 

 

新コロが存在する...の根拠になっているのは、Nature(ネイチャー)579の265pの中国論文です。

 

 

この論文は、通常であれば半年~一年かかる(実験や遺伝子配列を決定、解析、論文の準備)ところ、わずか10日で提出されました。

 

 

 

突貫作業で作った論文は、中身もずさんです。ウイルス分離と感染実験をやっておらず、病原性も確認されていません。これはウイルスの存在を証明した事にはなりません。

 

 

 

つまり、新型コロナウイルスは、まだ誰も存在を確認していないのです。

 

 

 

※ちなみに、この突貫作業で作られた欠陥論文を元に、数多くの新コロの論文が作られています。

 

 

 

新型コロナウイルスは怖くない【その⑤】そもそも新型コロナウイルスの存在が確認されていない

 

 

 

5Gの電磁波を浴びても、存在していない新型コロナウイルスの感染者にはなれません。

 

 

 

ただ、電磁波を浴びる事で、体に影響があります。例えば、頭が痛くなったり、耳鳴りがしたり、記憶障害になったり。酷い場合は、白血病や癌の原因にもなります。

 

 

 

このように、免疫機能が下がると、自分の体に元々あった「常在ウイルス」が増えます。

 

 

 

この状況でPCR検査を受けたらこうなります。

 

 

 

 

擬陽性が多いPCR検査は、「常在ウイルス」でも陽性になります。免疫力が落ちていたら、陽性になりやすくなるのです。

 

 

新型コロナウイルスは怖くない【その④】PCR検査のデタラメ

 

 

 

「PCR検査陽性=感染」という定義なので、新型コロナウイルス感染者と呼ばれます。

 

 

 

註:感染とは、「ウイルスが細胞の中に入って増殖する事」を言うので、「陽性=感染」の定義は嘘です。

 

 

 

つまり、こういう事です。

 

 

 

 

5Gの強い電磁波を浴びる

免疫機能が低下、体に異変

常在ウイルスが増える等

PCR検査をして陽性になる

新型コロナウイルス感染認定

 

 

 

 

5Gのある所に新コロ患者が増えるので、「5Gが新コロ」の原因...と言われていますが、厳密には違います。

 

 

 

新型コロナウイルスはないので。

 

 

 

5Gによって、体がダメージを受け、PCR検査によって「新コロ」にされる。

 

 

 

あるいは、5Gによって「新コロになったような症状」が出る...というのが、現時点での私の考えです。

 

 

 

カテゴリー
タグ

 

 

5G基地局の場所を調べるなら無線局を見よう

 

 

 

以下の画像は、以前資料の為に保存していたものですが、上のは現在見れなくなっていました。

 

 

下のはこちらで確認できます。

 

5G&Corona

 

 

 

 

5Gが人体に悪いものであれば、これらを仕掛けた側の人間も危険になります。

 

 

仕掛ける側の人間は安全でなければ、兵器として利用できません。

 

 

ウイルス兵器を使う場合でも、それが自然であれ人工であれ、仕掛ける側は特効薬等の危険を免れる為の手段が用意されているはずです。

 

 

アビガン等です。

 

 

 

5Gの場合は、特定の相手に照射できる機能があるので、照射されない人は、そうでない人に比べて比較的安全なのかもしれません。

 

 

 

 

ホームPage 1 / 11