カテゴリー:コロナのトリック

 

色んな人にコロナの嘘を伝えていると、同じような事をよく質問されます。

 

 

 

疑問に思っている人は多いのに、答える人は少ないんだなと感じます。

 

 

 

説明できる人がもっと増えたらいいので、私の伝え方や注意している事を紹介しておきます(まだ発展途上中ですが...)。

 

 

 

 

相手の事を聞く

 

 

コロナを怖がっている人に、「なんで怖いんですか?」と聞くと、

 

 

 

テレビの影響で、想像で怖いと思っている人がほとんどなのですが、稀にこのような答えが返ってきます。

 

 

 

 

知り合いの知り合いがコロナにかかって後遺症で味覚が戻らない。

 

 

友人がコロナにかかって毛が抜けた。

 

 

 

 

ネットでも見かけますが、

 

 

 

体験の話が怖い理由になっている場合は、話す時に注意が必要です。

 

 

 

その情報元が「相手の身近な人」だった場合は特にです。

 

 

 

知識不足が原因で認識が間違っていたとしても、彼らにとっては、身の回りに起こった事実です。

 

 

 

「コロナが嘘なら、なんでこんな事が起きるのか」と考えるのは自然なことです。

 

 

 

その症状が起きる原因を説明できなければ、彼らを説得する事はできません。

 

 

 

的確に答えを示せないと信用してもらえないので、ここは超えなければならない壁です。

 

 

 

従って、私はこのような質問には丁寧に答えます。

 

 

 

 

考えの前提

 

 

これまで、「新型コロナの症状」の正体を考察した記事をいくつか書いてきました。

 

 

新型コロナが嘘なら何故子供が重症化するのか【小児多臓器炎症症候群】

 

 

「新型コロナがただの風邪なら、何故味覚障害が治らない人がいるのか?」について

 

 

コロナ後遺症の種類がたくさんある本当の理由と、そうならない為の対策

 

 

 

 

私がコロナ問題について考える時、いつも気を付けているのがこの2つです。

 

 

 

●新型コロナの存在が証明されてない

 

●感染者と死亡者はPCR検査による捏造

 

 

 

初めて知った方は信じられないと思いますが、この2点は、多くの証拠がでている事実です。

 

 

従って、この軸はブレないようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

存在がないのに、あるように錯覚をするのは、

 

 

 

偽陽性率90%のPCRで陽性になれば、誰でも「コロナ感染者」と呼ばれるからです。

 

 

 

 

 

 

そんな簡単に陽性にならないだろう...と思うかもしれませんが、

 

 

意外と何でもなります。

 

 

以下は、過去に陽性になると報告されたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いが多くても、陽性になったら、もれなく感染者のラベルを貼ってもらえます。

 

 

 

 

花粉が鼻毛に付いているだけでは「花粉症」認定されませんが、

 

 

 

コロナの場合は、ウイルスが鼻毛に付いているだけでも陽性になれば「感染者」認定されます。

 

 

 

感染しているかどうかは関係なく、色んなものに陽性が出るわけです。

 

 

 

 

従って、どんな状態の人でも陽性が出る可能性があります。

 

 

 

 

だから、ラベルを剥がしてみると、本体は全く違う姿です。例えば...

 

 

 

 

これをどう捉えるかは、人によって違います。

 

 

 

 

 

 

見方の違いが、意見の違いになり、対立する事もあります。

 

 

 

ラベルを貼っているのは政府やメディアです。

 

 

なので、政府、メディアはこのように発表しています。ラベルを見てほしいからです。

 

 

 

 

 

 

 

眠っている人は「怖い」と思うし、

 

 

 

目覚めている人は「嘘つくな」と思います。

 

 

 

政治的な問題と、医療的な問題があります。

 

 

 

今までの治療はこうでした。

 

 

 

 

 

 

その人の状態に合わせて治療します。

 

 

 

癌患者には癌治療。

 

 

 

癌患者にインフルエンザの治療はしません。当たり前ですが。

 

 

 

ところが、新型コロナになると変わりました。

 

 

 

もし医師が、ラベルの表面しか見ていなければ、このような事が起こります。

 

 

 

 

間違った治療です。

 

 

目覚めている人は、ラベルの下を見るので、

 

 

 

 

 

この治療が間違っている事がよくわかります。

 

 

 

間違っているのは診断と治療だけではありません。

 

 

 

死亡診断書の書き方も間違っています。

 

 

 

2020年6月18日から、どんな理由でなくなっても、ラベルが貼ってあったら、コロナで亡くなったとしてカウントされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

亡くなった人を政治利用しているので大問題です。

 

 

 

ここまでの説明で分かると思いますが、「その人に元々あった症状」が、コロナと呼ばれているだけです。

 

 

 

名前の貼り替えがされています。

 

 

 

これによって「コロナが存在する」という設定ができあがるのです。

 

 

 

 

「元々あった症状」は、人によります。

 

 

 

 

健康で何も症状が無いかもしれないし、他の風邪かもしれないし、癌かもしれない...何であろうと、その人の状態は事実です。

 

 

 

世界観を整理します。

 

 

●「架空のウイルスが存在している」という設定になっている。

 

 

●「架空のウイルスにかかったとされる人の一部に、何らかの症状が起きている」という事実がある。

 

 

 

コロナとは

 

 

 

存在が証明されていない事を知っている私が、人から「コロナとは何ですか?」と聞かれたらこう答えます。

 

 

 

コロナとは、(コロナというラベルを貼られた)他の症状の事。

 

 

 

「架空の新型コロナウイルスの名前」が、「他の疾患や症状」に乗り移るので、あたかも新型コロナが存在して、悪さをしているように錯覚するのです。

 

 

 

 

 

捏造して作ったコロナ感染者は「偽者」です。

 

 

 

「偽者」は「本物の存在」がない方が都合が良いです。

 

 

 

比較対象である「本物」がいると、「それ違うよ」と言われるリスクがあるからです。

 

 

 

「偽者」と「本物が存在しない事」...どちらか一つよりも、セットの方が詐欺のクオリティが上がります。

 

 

 

 

 

 

ラベルが本物かどうか調べたくても、本物がないと...。

 

 

 

 

このラベルさえあれば、

 

 

インフルエンザの特徴を持つコロナや

 

 

癌の特徴を持つコロナや

 

 

無症状の特徴を持つコロナ...と色んなパターンのコロナが作れます。

 

 

 

従って、PCR(ラベル貼り)を止めれば、コロナにならないし、終わります。

 

 

 

前提をハッキリさせたので、ここからは「抜け毛」を例に、私がどうやって病気の原因を探しているのか話していきます。

 

 

 

これが「相手が怖がっている理由」を消す作業になります。

 

 

 

観察する

 

 

何か問題が起きたら、「原因」を特定し、「それに合った方法」で解決します。

 

 

原因を間違えたら、解決法も間違うので、だいたい上手くいきません。

 

 

コロナと呼ばれる症状を治す場合も、原因探しから始めます。

 

 

表面のラベルを剥がし(存在しないコロナを消去法で選択肢から真っ先に消す)、

 

 

その下の姿が何なのかを観察したり、仮説を立てたりするわけです。

 

 

 

 

分類する

 

 

 

具合が悪くなった原因を探る時に、私が昔から気を付けている事がこれです。

 

 

 

●大まかに分類する。

 

●決めつけない。「〇〇をすれば全て良くなる」みたいなのはダメ。

 

 

 

病名を探すのではなく、症状が何の分野の問題なのかを考えます。

 

 

 

●化学的な問題なのか

 

●構造的な問題なのか

 

●電気的な問題なのか

 

●外敵の問題なのか

 

●精神的な問題なのか

 

 

 

例えば頭痛。原因は一つではありません。

 

 

 

頭痛薬を頻繁に飲む事が原因なら、化学的な問題なので、量を減らしたり止める必要があるし、

 

 

 

姿勢が悪くて血流障害(酸欠)が原因なら、体を構造的に物理的に正常な状態に戻す必要があるし、

 

 

 

電磁波が原因なら、発信源から距離をとる等、電磁波対策をする必要があります。

 

 

 

同じ「頭痛」という結果でも、原因が違えば対処方が全く違います。

 

 

 

大雑把に分けるのは、根本的な原因、元の元は何かを見つける為、間違いを最小限に防ぐ為です。

 

 

 

これをいきなり「頭痛と言えば〇〇が効果がある」と決めつけるのはお勧めしません。観察の放棄になります。

 

 

 

 

頭痛を改善させる素晴らしい方法は、各分野にたくさんあります。

 

 

 

ただし、どんないい方法も「手段」なので、生かし方を間違えると効果は半減します。

 

 

 

多少は改善するかもしれませんが、原因に効かないのであれば、一時的に症状が治まっても、いずれ再発するでしょう。

 

 

 

例えば、いじめ等精神的な事が原因で頭痛が起きた場合は、栄養状態を良くしたり、骨格を正しても根本的に解決しません。

 

 

原因に変化がないからです。

 

 

 

精神的な理由が原因の場合は、環境を改善するのが先です。その上で、補強で栄養状態を良くしたり、骨格を整える等したら、回復は早くなるでしょう。

 

 

 

試しに色々分類してみます。

 

 

左は「状態」。右はそれが「何の問題」にあたるのか。

 

 

 

●薬害・栄養不足 → 化学的な問題

 

●外傷・骨格の歪み・姿勢が悪い → 構造的な問題

 

●電磁波・放射能 → 電気的な問題

 

●ウイルス・菌(感染症)→ 外敵の問題

 

●ストレス → 精神的な問題

 

 

 

何に属する問題なのかを整理したうえで、原因や解決方法を考えます。

 

 

 

パソコンやスマホの調子が悪い時に置き換えたら分かりやすいです。

 

 

 

部品が劣化して故障した場合は、物理的に修理が必要だし、

 

 

 

充電してないとか、電波が悪い等、電気や通信に問題がある場合は、充電したり、電波状態の改善が必要だし、

 

 

 

ウイルスに感染しないようにするには、セキュリティソフトを使う等...全部対応が違います。

 

 

 

「これをやれば全て解決」なんてありません。状況に合わせて方法を選択します。

 

 

 

「当たり前だろ」...と思うかもしれませんが、

 

 

 

世の中には、「〇〇をすれば全て良くなる」みたいなキャッチコピーに影響されるのか、健康のことになると、1つの方法で全部対応できると思っている人がいるのです。

 

 

 

私もこんなシンプルな事を書くのはアホらしいなと思いますよ。でも本当にそんな人が多いから、文章化するのです。

 

 

 

 

...というわけで本題です。

 

 

 

「抜け毛」も、観察せずに「コロナが原因」とか、いきなり決めつけないことです。

 

 

他に原因があったら、見落としてしまいます。

 

 

 

コロナ後遺症・抜け毛

 

 

私がこれまで聞いてきた、コロナの症状・後遺症を大まかに整理してみました。

 

 

 

 

 

 

抜け毛になる原因を考えます。

 

 

 

まず、コロナは存在しないので、一番に選択肢から消えます。

 

 

 

 

 

 

 

持病の場合は人によるので、対象がいない今は、選択肢から外します。

 

 

薬の副作用なら考えられます。

 

 

筋力低下が抜け毛に繋がるかというと、私は想像がつきません。だから外します。

 

 

ストレスはあり得ます。

 

 

電磁波もストレスになるので、間接的に影響します。

 

 

 

 

とりあえず、可能性がある「薬の副作用」、「ストレス」、「電磁波」

 

 

この3つの仮説を立てます。

 

 

 

今の私の知識を元に考察しているので、私の情報量に変化があれば、違う見方をするかもしれません。仮説なので自由に展開します。

 

 

 

薬の副作用

 

 

 

新型コロナウイルスの存在が証明されていない以上、それに感染する事は不可能です。

 

 

アニメキャラと結婚するのが不可能なのと一緒です。

 

 

 

陽性者を感染者とするのは、誤診です。

 

 

 

これを間違うくらいなので、それに対応する治療も怪しいです。

 

 

 

健康だったり、別の疾患だった場合、全く見当違いな薬を使われることになります。

 

 

 

 

 

 

副作用がきつい薬(例えばレムデシビルは、投与した人の4分の1に腎機能障害)を使われる可能性もあるでしょう。

 

 

 

コロナ治療に使われる薬で、私が知っているものはこちらにまとめてあります。

 

新型コロナの治療法一覧

 

 

 

コロナ患者にどんな薬が使われているかは病院によって違います。副作用に「抜け毛」がある薬が使われる可能性も考えておく必要があります。

 

 

脱毛症(抜け毛)の副作用の報告があった薬剤リスト

 

 

 

ストレス

 

 

ストレスが原因で、抜け毛や白髪が増えるのは一般的に知られた話です。

 

 

 

コロナの場合、「感染したら怖い」というイメージができあがっています。これはストレスの原因になります。

 

 

 

 

●病気そのものに対する恐怖

 

●村八分になるという恐怖。

 

 

 

隔離された場合は、そのストレスも加わります。

 

 

 

 

 

wikipedia

 

拘禁反応(こうきんはんのう)とは、強制収容所や捕虜収容所等の監禁施設、刑務所や拘置所等の刑事施設、精神科の閉鎖病棟等、強制的に自由を抑圧される環境に置かれた人が示す人格の変化を指す、精神医学や心理学における術語。

 

 

 

栄養状態も悪化しそうです。

 

 

 

コロナ感染者と診断された人は、酷いストレスを感じると思います。

 

 

 

ストレスは次の問題を引き起こし、髪の健康に影響を与えます。

 

 

●(栄養)不足(化学的な問題に発展)

 

●体が硬くなる(物理的な問題に発展)

 

 

 

 

ストレスが原因で亜鉛不足になる

 

 

まずは栄養不足について解説します。

 

 

 

ストレスによって失われる栄養素として有名なのが、ビタミンC、亜鉛、マグネシウムです。

 

 

 

髪がテーマなので、ここでは亜鉛に注目します。

 

 

ストレスが原因で抜け毛になることはありますか?

 

 

亜鉛不足

 

 

健康な髪を作るために必要な亜鉛ですが、ストレスを感じるとこの亜鉛が体内で大量に消費されます。

 

 

そもそも、亜鉛は亜鉛不足がストレスを悪化させるとも言われており、ストレスと亜鉛不足は密接な関係であると言えます。

 

 

 

亜鉛は髪の主成分であるアミノ酸を合成する大切なミネラルで、亜鉛が不足すると抜け毛になりやすいだけでなく味覚障害や骨粗鬆症といった病態が現れたりもします。

 

 

 

また、亜鉛不足は皮膚バリアを弱くし、酵素を減少させることからも、抜毛対策には必須の栄養分です。

 

 

亜鉛はストレスだけでなく、喫煙やアルコールの過剰摂取、インスタント食品などの加工食品の過剰摂取でも失われてしまいます。

 

 

また、強いストレスがかかると自律神経が乱れるのも抜け毛の原因となります。

 

 

自律神経は呼吸や体温調節、ホルモンバランスなどヒトの生命維持を行なっている重要な器官です。

 

 

自律神経には、副交感神経と交感神経がありますが、この2つの神経は常にバランスをとりながら働いています。

 

 

なぜ自律神経と髪が関係あるのか?

 

 

 

毛球は沢山の毛細血管に囲まれた中にあります。

 

 

 

言わば、鳥かごの中に毛球があるイメージです。毛細血管には自律神経が張り巡らされていますから、ストレスの影響を非常に受けやすいのです。

 

 

 

 

●亜鉛不足は、抜け毛、味覚障害、骨粗鬆症の原因

 

偶然にもコロナの代表的な症状です。

 

 

●亜鉛はストレスによって減る

 

 

 

コロナと診断された人が、強いストレスによって、亜鉛を始めとした栄養不足になり、その結果、抜け毛になる可能性があります。

 

 

 

ただし、栄養不足の場合は、それを補う事で比較的早く改善します。

 

 

 

ストレスが原因で体が緊張する

 

 

改善しにくいのが、構造上の問題です。

 

 

ストレスなどで体が緊張(縮まる)します。

 

 

筋肉、腱、靭帯が短くなって伸びなくなります。

 

 

 

「腱」は、を結合させています。白い繊維状の丈夫な組織です。

 

 

 

 

「靭帯」は、を結合させています。丈夫な結合組織の短い束で、主成分は長いコラーゲンの繊維です。

 

 

 

筋肉、腱、靭帯のうち

 

 

 

筋肉は比較的早く緊張が回復するので、休息すれば元の状態に戻ります。

 

しかし、腱と靭帯は強いストレスが加わるとなかなか元に戻りません。

 

 

どちらも丈夫な組織なのですが、緊張からの回復が遅いのです。

 

 

 

筋肉・・・緊張からの回復が早い

 

・・・・緊張からの回復が遅い

 

靭帯・・・緊張からの回復が遅い

 

 

 

問題は、回復が遅い組織です。

 

 

 

強いストレスや、長期のストレスが加わった場合、そのストレスから解放された後、時間が経っても回復しない事があるのです。

 

 

 

つまり、緊張、収縮したままになります。

 

 

 

こうなってしまうと睡眠、入浴、運動...といった通常の方法では回復しません。

 

 

 

頭は筋肉が少ないです。

 

 

 

そして頭部には「帽状腱膜」という腱でできた膜があります。腱なので、緊張が回復しずらい組織です。

 

 

 

 

 

 

強いストレスや長期のストレスが加わると緊張し、

 

 

 

それが続くと毛根が圧迫されたり、頭皮の血行が悪くなります。

 

 

その結果、毛が抜けます。

 

 

 

ストレスの度合いが低ければ、回復しますが、

 

 

先程も言ったように、ストレスが過剰な場合、そのストレスがなくなっても、緊張したままになります。

 

 

その場合は、組織の緊張を何らかの方法で解消しないと、症状が続くでしょう。

 

 

 

抜け毛が起きる人と、起きない人がいます。

 

 

 

人によって「緊張する部位」が異なるので、必ず「帽状腱膜」に影響がでるとは限りません。

 

 

 

例えば、私の場合は、強いストレスが長期間続くと、首や胸の周囲が緊張して締まったような状態になります。抜け毛は起きないので、頭部への影響は少ないのだと思われます。

 

 

 

そのかわり、呼吸がしづらくなります。さらに、ちょっとしたストレスが加わると吐き気がするので苦しいです。

 

 

 

約一年続いたストレスでそうなったのですが、その原因がなくなっても、影響を受けた部位の緊張は続きました。

 

 

 

ずーっと空気が吸い込みづらいわけです。呼吸も浅くなります。

 

 

 

 

こうなったら、構造的、物理的な問題になります。

 

 

 

最初はその事に気付かず、別の方法を数か月アレコレ試して改善しようとしたけど効果はありませんでした。

 

 

 

ストレスで腱や靭帯が緊張したままになるという話を思い出して、治療家に相談して緩めてもらったら、正解だったみたいで、一回で治りました。

 

 

 

ストレスのある環境を解決した上で、治療したのも良かったと思います。

 

 

 

もし環境を改善せずに治療したら、原因が解決しないので、治療してもまたすぐ元の状態に戻るからです。

 

 

 

強いストレスが続くと、構造的な問題に発展するので注意して下さい。

 

 

 

電磁波を浴びる → ストレス

 

 

 

電磁波は体に様々な影響を与えます。

 

 

 

 

電磁波によってどんな悪影響が出るのだろうか? 電磁波10の大罪

 

 

 

 

 

 

 

どのような影響があるのか

 

 

 

 

 

 

 

5Gの周波数になると、以前より健康被害が増えます。

 

 

 

 

 

 

 

5Gの電波は直進性が高くなります。障害物を超えられないので、電波が届きにくくなる為、基地局を増やします。

 

 

 

基地局だらけになるので、以前よりも電磁波の環境が悪化し、体に負担がかかります。

 

 

 

そのストレスが原因で、先に説明したように、栄養が流出したり、体が緊張します。

 

 

 

 

でも、5Gが体に悪いなんてみんな思ってないので、例え具合が悪くなったとしても、電磁波対策はしません。

 

 

病院に行ってもその指導はありません。

 

 

 

対策をしない限り、電磁波を原因とした症状やストレスは続きます。

 

 

 

 

抜け毛の原因(仮説)

 

 

まとめます。

 

 

●薬の副作用

 

●ストレス

 

●電磁波 → ストレス

 

 

 

これが合っているかどうかは、検証してみないと分かりません。

 

 

抜け毛の原因はいっぱいあります。

 

 

大事なのは、結論を決めるのではなく、色んな可能性を考えておくことです。

 

 

 

説得する時やってはいけない事

 

 

 

「コロナが嘘なら、なんでこんな症状が起きるんだ」

 

 

 

...と言われた場合は、「解釈の仕方」に対して否定をします。

 

 

 

「症状が起きている事実」の否定をしてはいけません。

 

 

 

 

その症状になっている人や、その知り合いからすれば、大変な目にあった事は事実なので、それを否定されるとムカつくからです(コロナにかかった本人に会う事はほとんどありませんが...)。

 

 

 

 

ブログは「情報を知らせる事」を目的としているので、無いものは「ない」と、最初からハッキリ言いますが、

 

 

 

 

直接会って説得する事が目的の場合は、最初は穏やかな表現に変えます。

 

 

 

 

自分も体が弱かったので、症状の否定をされる側の気持ちはよく分かります。

 

 

 

昔は体力はないし、回復力も悪かったので、人並みに動けなかったです。

 

 

 

周囲の人は何ともないのに、自分だけが調子が悪くなるので、理解されません。

 

 

 

怠け者だとか、気持ちの問題だとか、色々言われましたよ。

 

 

 

頭にくるので鍛えようと思って無理をする事も多かったです。

 

 

 

頑張っていたらそのうち慣れてくる...等と言う人がいますが、それは丈夫な奴の理屈です。体が弱い人がそれをすると、余計体を壊して、一週間くらい体が使い物にならなくなります。

 

 

 

数年前に体質を改善させたので今はそんな事もなく元気ですが、それでも、「有害な環境」に置かれると、人よりも早く異変が起きます。

 

 

 

例えば電磁波を浴びると、周りの人が何ともないのに、私だけ調子が悪くなる事があります。それを人に言っても、ほとんど理解されません。

 

 

 

昨年からは、一部の人の間で5Gの問題が騒がれるようになったので、今までよりは理解してくれる人が増えました。

 

 

 

現実に症状があるのに、それを社会的に無かった事にされるのは辛いものです。

 

 

 

余談ですけど、周囲の人は何ともないのに、自分だけ異変が起きている事があります。

 

 

 

 

実は、昨年11月に頭に当てる体温計を使った直後から、記憶障害が起きて今も治っていません。

 

 

 

その前に1~2回使った事がありますが、その時はなんともなかったので、機械や測る場所によるのかもしれません。

 

 

 

 

最近は、このタイプの体温計の問題が知られてきたみたいです。

 

 

 

 

元々記憶力は悪いし、他の理由で記憶障害になった事はありますが、今回のはちょっと酷くて、言葉というか、単語がでてこない。

 

 

 

会話が詰まります。

 

 

 

記事を書くのも大変です。これを説明しようと思っていたら考えが途中で消えたりするので、時間がかかります。

 

 

 

最初は原因が分からなかったです(その前は大丈夫だったから)。

 

 

 

ツイッターを見ていて、この機械の問題や同じ症状になった人の話を見つけた事で知りました。

 

 

 

もしそれを読まなかったら、原因が分からなかったと思います。

 

 

 

それ以降は、測るように言われたら、頭以外の部分でやってます。

 

 

 

今なんともない人も、用心の為に、頭で測るのは止めておいた方がいいかもしれません。

 

 

 

記憶障害は困ります。

 

 

 

話はそれましたが、どんな疾患であれ症状を否定するのは酷いです。

 

 

 

元気で丈夫な人が、弱い人に向かって「大したことない」と言うと、言われた側はムカつきます。

 

 

 

しんどい人、症状が治らない人は、なんとかしたいと思っているはずなので、解決につながりそうなアドバイスなら、言われても悪い気はしません。

 

 

 

その為に私は、原因が何かを考えたり、解決策がないか常に探しています。

 

 

 

相手の時間を使って聞いてもらうので、

 

 

 

できるだけプラスになる情報を提供したり、相手の健康を気遣う言い方をすれば、対立に発展しないのではないかと思っています。

 

 

 

私はそういう話方をしています。

 

 

 

 

コロナワクチンの危険性を伝えても、深刻に受け止めない人がいます。

 

 

 

おそらく、これまでのワクチンの延長線上で考えているからだと思います。

 

 

 

今までそんなに問題起きなかったんだから、今回も問題ないだろうという感覚です。

 

 

 

でも、コロナワクチンは、これまでのワクチンと全く違います。

 

 

そのことを理解してもらうために、深刻な健康被害である被ばくと比べて説明してみます。

 

 

 

遺伝子への影響

 

 

 

被ばくが恐ろしいことは小学生でも知っています。

 

 

細胞レベル、遺伝子レベルでダメージを受けます。

 

 

 

公益財団法人 放射線影響研究所

 

 

放射線に傷つけられた細胞はどうなるの?

 

 

放射線の量が大変多い場合

 

DNAに生じた傷などによって細胞が死ぬので、白血球が減少したり、消化管粘膜が損傷を受けて下痢をしたりします。

 

 

放射線の量がそれよりも少ない場合

 

 

上のような急性症状は出ませんが、細胞に傷がついているので、細胞が自分で傷を治すときに、ごくまれに間違いが起こり、遺伝子に異常(突然変異)が生じることがあります。

 

 

そうした細胞の中から、将来がんになるものが出てくる可能性があると考えられています。

 

 

 

DNA切断が修復される時、一部が誤って修復される結果、染色体異常が生じます。

 

 

放射線が健康によくないのは、放射線による「被ばく」によって細胞のDNAに傷(主としてDNA切断)ができるからです。

 

 

 

 

遺伝子は「タンパク質の設計図」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

DNAを傷つける放射線は危険です。

 

 

 

一方、コロナワクチンは遺伝子ワクチンです。

 

 

 

「異質の遺伝子」を注射することによって、人間のDNAに取り込まれる危険性があります。

 

 

 

すると、正常な遺伝子(設計図)ではなくなるのです。

 

 

 

 

打ったら終わり!“ワクチンの異質の遺伝子”が逆転写によって人間のDNAに取り込まれる危険性あり

 

 

 

【コロナ遺伝子ワクチン副作用】治療法も解毒法も存在しない理由を分かりやすく解説

 

 

 

 

ロバート・F・ケネディJr氏は次のように述べています。

 

 

ロバート・F・ケネディJr: COVID19ワクチンは何としても避けるべきである

 

 

 

私は、次のCovid-19ワクチン接種に関連する重要な問題に緊急に注意を喚起したいと思います。

 

 

予防接種の歴史の中で初めて、いわゆる最終世代のmRNAワクチンは、患者の遺伝物質に直接介入するため、個々人の遺伝物質を変化させます。

 

 

それは、遺伝子操作を表すもので、すでに禁止されていて、それまで犯罪とみなされていたものです。

 

 

この介入は、遺伝子操作された食品と比較することができ、これもまた物議を醸しています。

 

 

現在、マスコミや政治家がこの問題を矮小化し、新型ワクチンで正常な状態に戻そうと愚かにも呼びかけているとしても、このワクチン接種は健康面、道徳面、倫理面で問題があり、また、これまでのワクチンによる被害とは異なり、不可逆的で取り返しのつかない遺伝的なダメージを受けることになります。

 

 

 

親愛なる患者のみなさんへ、前代未聞のmRNAワクチンを接種した後は、ワクチンの症状を補完的に治療することができなくなります。

 

 

 

ダウン症候群、クラインフェルター症候群、ターナー症候群、遺伝性心停止、血友病、嚢胞性線維症、レット症候群など)のような遺伝的欠陥を持った人のように、人体から毒素を取り除くだけではもはや治らないので、彼らはその結果を背負って生きていかなければならないのです。

 

 

これはハッキリと意味しています:もしmRNAワクチン接種後に予防接種による症状が出た場合、私も他の治療家もあなたを助けることはできません。

 

 

私の考えでは、これらの新しいワクチンは、歴史上、これほどまでに大々的に行われたことのない人類に対する罪に相当しています。

 

 

経験豊富な医師であるヴォルガング・ヴォダーグ博士[Dr. Wolfgang Wodarg]が言うように:「実際、大多数の人々のためのこの「有望なワクチン」は、(人間の)遺伝子操作であるため、禁止すべきです!」

 

 

 

アンソニー・ファウチ[Anthony Fauci]が開発・承認し、ビル・ゲイツ[Bill Gates]が資金提供したこのワクチンは、実験的なmRNA技術を用いています。

 

 

 

15名のヒトモルモットのうち3名(20%)が「重篤な有害事象」を経験しました。

 

 

注:メッセンジャーRNA(mRNA)とは、細胞核のDNAの遺伝暗号を細胞質のリボソームに伝えるリボ核酸のことで、タンパク質のアミノ酸が結合する順番を決定し、そのタンパク質を合成するための型やパターンとして作用するものです。

 

 

 

 

 

DNAを傷つける放射線が危険なら、

 

 

 

不可逆的な遺伝的ダメージを受ける遺伝子ワクチンも同じように危険視しなければいけません。

 

 

 

まともな医療従事者や科学者達は危険だと言っています。

 

 

 

 

 

 

昔(60代後半ぐらいの世代まで)は、他県の人から、「広島の人と結婚したら(被ばくの影響で)生まれてくる子供に影響があるんじゃないか」と言われていたそうです。

 

 

 

 

実際に影響があるかどうかはおいておいて、2世3世が生まれるだけましです。

 

 

 

遺伝子ワクチンの場合は、不妊になる可能性大です。

 

 

 

 

 

 

妊娠中に打った場合は、流産、胎盤が石灰化する...等が報告されています。

 

【コロナワクチンは不妊になるのか】専門家の見解や、被害者の状態を紹介

 

 

 

 

また、ワクチンを打った母親の母乳を飲んだことで、赤ちゃんの体に湿疹が出たという報告もあります。

 

 

ナカムラクリニック

 

 

 

 

 

因果関係を認めてもらいにくい

 

 

被ばくもコロナワクチンの副作用も、遺伝子レベル、細胞レベルのダメージなのでどちらも深刻です。

 

 

 

両者の支援を比較してみます。

 

 

 

高齢者の話を聞くと、昔は緩かったので原爆手帳は簡単に手に入ったみたいです。

 

 

 

内容がこれ。

 

 

 

被爆者健康手帳

 

 

手帳取得によって得られる支援

 

 

医療特別手当・特別手当・原子爆弾小頭症手当・健康管理手当・保険手当・介護手当(費用介護手当・家族介護手当)・葬祭料などの手当

 

 

また、指定医療機関・一般疾病医療機関での治療について、本手帳などを提示することで全額国費で、あるいは自己負担分を負担しないで受けることが出来る。

 

 

また、なんらかの理由で手帳を提示しなかった場合についても、後日都道府県知事に払い戻しを請求することが出来る。

 

 

ただし、自己の故意・過失などによって生じた病気・けが、放射線と関連のない疾病などについては給付を受けられないことがある。

 

 

 

 

被爆者への支援が手厚いのは、後になって出る健康被害が心配されるからでしょう。

 

 

 

 

将来的な健康被害を考えて支援されている被爆者に対して、

 

 

 

 

ワクチン被害者はかなり可哀想です。因果関係が認められないケースがほとんどだからです。

 

 

 

被害の実態を知ってもらいたいと、症状を見せたら、「デマ」とか「演技」と言われ、

 

 

 

COVID-19の詐欺:HPVワクチンと同じ 早速始まってる被害者叩き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の事を言えば「不安を煽っている」とバッシングされます。

 

 

 

 

 

もし広島の被爆者に対して同じ事をやったら、非人道的だと思われます。

 

 

 

 

そして、コロナを抑える為には、ワクチン犠牲は仕方ないと言う意見、

 

 

 

これは私に言わせれば、

 

 

 

戦争を終わらせる為には、原爆投下は仕方がなかったという理屈と大して変わりません。

 

 

 

 

原爆以外の戦闘で亡くなる人の命が尊いなら、原爆で亡くなる人の命も尊いです。

 

 

 

コロナで亡くなる人の命が尊いなら、ワクチンで亡くなる人の命も尊いのです。

 

 

 

 

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12661289259.html

 

 

 

 

 

「因果関係が認められない」とか、「デマ」とか、「演技」だというのは、ワクチン副作用被害者への差別です。

 

 

 

 

ワクチン否定派とか...考えてみたらこれも差別的な単語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原爆の話も色々と嘘があります。しかし(話についていけなくなる人が出てくるので)ここでは、原爆の一般的な認識に基づいて話をしました。

 

 

 

 

即効性と遅行性

 

 

 

放射線の場合、被ばくしても元気な人がいます。

 

 

 

だからといって、「放射線は安心です、ガンガン浴びましょう」...という理屈にはなりません。

 

 

 

遅行性の症状が心配されるからです。

 

 

 

「比較的早い段階で何も起きなかったから大丈夫」とはならない...

 

 

 

それはワクチンも同じです。遅行性の症状が心配される薬品として有名だからです。

 

 

 

【ワクチンは危険!】このペースだと2032年には10人中8人が自閉症に!発症するかどうかの差は?

 

 

 

 

 

 

注射痛くない、今問題ないから大丈夫。

 

 

...みたいに言う人いるじゃないですか。誰とはいいませんが...。

 

 

政治家・有名人のコロナワクチン公開接種の舞台裏

 

 

 

 

あれ、「被ばくしたけど何も感じません。みなさんも浴びましょう」って言ってるのと発想は変わらないです。

 

 

 

 

 

情報を伝えない

 

 

 

遺伝子ワクチンの問題は、医師に正確に伝えられていないみたいです。

 

 

 

 

 

役所の人間も何も知りません。

 

【ジャーナリスト山本氏】京都市と交渉・実験ワクチンを市民に推奨するのは地方自治法違反。

 

 

 

 

戦争被害者の人数を少なく発表したり、あれは無かった...等と言えば叩かれますが、薬害はそういう事を平気でします。

 

 

 

コロナワクチンも同じで、少なく発表されています。

 

 

 

 

【閲覧注意】米在住のハンガリー人ジャーナリストの元に送られてきた、コロナワクチンの膨大な被害者情報のごく一部

 

 

 

 

以前は、新型コロナウイルスの治療に有効なアビガンの事をよく記事にしていました。

 

 

 

必要な薬が使いづらくなっているのは大問題だからです。

 

 

 

でも、新型コロナウイルスの存在証明(分離)がされていない事を知ってからは、その治療に有効なアビガンの情報をあまり追わなくなってしまいました。

 

 

 

 

存在の証拠がないものを「ある」という前提で生活を変えたり、

 

 

 

感染者ではない人を、偽陽性率90%のPCR検査で感染者にする方が問題なので、その情報を扱う事が多くなりました。

 

 

 

 

でも、新コロ感染者の大部分に、インフルエンザ等の他の感染症患者が混じっているので、アビガンは必要な薬です。

 

 

 

 

抗インフルエンザ薬ですから。

 

 

 

 

しかも、あらゆるRNAウイルスにも効くので、変異したRNAウイルスにも使えます。

 

 

 

 

新コロが存在しようがしまいが、これがあったらRNAウイルス騒動が終わります。今後もなしです(ココ重要)。

 

 

 

タミフルより安全なので、日本人が開発したアビガンを、インフルエンザを始めとしたRNAウイルスに効く薬として使える状況にするべきです。

 

 

 

だからたまに、今アビガンはどうなっているんだろう...と、日本で一番アビガンに詳しいであろうネットジャーナリストのリチャード・コシミズ氏の情報を見ています。

 

 

 

今回も、久しぶりに覗いてみました。

 

 

 

現在、アビガンはロシア、中国、インド等が製造しているので、個人輸入の情報を出し合っていました。

 

 

 

そこまではいいのですが、どうも、おかしな圧力によって規制がかかっているみたいなのです。

 

 

 

 

みんなが輸入をする

規制

 

 

 

これまでも妨害が何度かあったので、その可能性も考えて、その情報を載せておきます。

 

 

 

医師も困っているそうです。

 

 

 

※富山化学が製造したアビガンは商品名、別名をファビピラビルと言います。海外製のアビガンは名前が違いますが、日本の名前に近いものが多いです。

 

 

 

 

https://twitcasting.tv/egizm4hflw1tzx9/communityshow/19920183

 

 

いま、ベストドラッグさんのファビフルのページには以前はなかった「この医薬品は、輸入通関時に税関より輸入確認証の提示を求められる場合がございます。」云々という、きつい注意書きが出ています。

 

 

日本未承認の抗うつ薬プロザックやウェルブトリンではそういう注意書きは出ません。

 

 

向精神薬より規制がきついとは、狂ってますね。

 

 

2021/03/13 19:06

 

 

 

薬剤師です。

 

 

本日「お薬堂」にてファビフル400mgの個人輸入代行手続きを完了しました。

 

 

有効期限の件ですが、ジェネリックは発売から日が浅いためデータがないので有効期限は短く設定されているだけです。

 

 

抗インフルエンザ薬の「リレンザ」も発売当初は期限は1年でしたが、特に製造方法に変更はありませんでしたが3年後には8年になりました。

 

 

新薬やデータ蓄積がないジェネリックにはよくあることです。

 

 

おそらくファビフルも8~10年くらいは問題なく効果を発揮すると考えられます。

 

 

coppi-merckxさんがアビガンは8年とのことなのでファビフルも8年前後と考えてよいでしょう。

 

 

2021/03/15 22:24

 

 

 

 

kusuri.netに直接問い合わせしてみました。

 

 

最近までインドから輸入できていたとのことでしたが、本国のアビガン不足により輸入停止しており、再開時期は不明との説明があり、おかしいなと思いつつ、インドは供給過多なのでは?と問い合わせると、そのような情報は入ってきておりません。と言われてしまいました。

 

2021/03/16 12:11

 

 

 

ちなみに、最近のインドの様子がこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

数か月前から薬が必要ない状態なうえ、アビガンは製造しているので、足りないという事はなさそうです。

 

 

 

でもワクチンを打って副作用で苦しむ人がたくさんいます。

 

 

 

コロナワクチン副作用報告一覧

 

 

 

 

 

 

こちらも先程、お薬堂さをんから輸出規制との✉️が入りました💦

 

 

昨日、先生がその可能性もあるかも…と言ったばかり

 

 

やはり、ここ…監視されてますね(>_<)

 

 

2021/03/16 12:20

 

 

 

私も買い逃しました。どの業者も無理っぽいですね
お薬堂から連絡ありました

この度はファビフルのご注文を頂きまして誠にありがとうございます。

今朝、発送元のインドより、連絡があり、インド政府から規制が出て外国への製品輸出を全て止められてしまいました。

現段階では再開するか否か、完全中止等、

 

 

 

インドよりの輸出禁止、マジです。

 

 

昨日に入金を済ませたのに今日ウェプロスより返金とキャンセル連絡が来てしまい、非常に残念。

 

 

2021/03/16 12:40

 

 

 

皆さん書いておられるように、私も昨日手続きを完了しましたが今朝になり個人輸入代理業者からキャンセルの連絡入りました。

 

 

日本政府が手を回したのでしょうか?

 

 

残念でなりません。

 

 

2021/03/16 12:51

 

 

インドには現在、31種類のファビピラビルブランドがあるのですが、コロナ感染症例の減少に伴い、売上高は減少しつつありますし、間違いなく過剰供給であり、需要不足になりつつあります。(。・_・。)

 

 

2021/03/16 15:15

 

 

ベストドラッグさん返答です。(以下)

 

 

お問い合わせいただきありがとうございます。

 

 

該当の商品【ファビフル】ですが、現在、インド輸出規制により取り扱い終了となりました。

 

 

やっぱり政府は手を回したようです。

 

 

因みにヒマラ屋・お薬堂は在庫無しですが、一応インド以外のを取り寄せできないか
問合せはしてみましたが、まだ返答なし。

 

 

2021/03/16 15:52

 

 

 

お薬堂で注文したファビフルのキャンセルがきました。

 

 

以下の文です。

 

 

この度はファビフルのご注文を頂きまして誠にありがとうございます。

 

 

今朝、発送元のインドより、連絡があり、インド政府から規制が出て外国への製品輸出を全て止められてしまいました。

 

 

現段階では再開するか否か、完全中止等、今後の状況も不透明で情報が入っておりません。

 

 

上記理由に付、現時点では商品を手配出荷する事が出来なくなりました為にキャンセル処理にてご入金(着金の金額)頂いた、お代金を返金処理致します。

 

 

大変、申し訳ございません。

 

 

2021/03/16 18:43

 

 

 

「ヒマラ屋」さんへ12日(金)に注文と振込をし、13日(土)に入金確認メールを貰いました。

 

 

そして、昨日の夜に発送メール(追跡番号付)のメールが来ております。

 

 

無事に届くかどうか様子を見てみます。ちなみに400mgです。

 

 

2021/03/16 22:41

 

 

 

お薬堂にて、ファビフルを注文していましたが、キャンセルされました。
その理由は以下の通りです。
今朝、発送元のインドより、連絡があり、インド政府から規制が出て外国への製品輸出を全て止められてしまいました。
現段階では再開するか否か、完全中止等、今後の状況も不透明で情報が入っておりません。
上記理由に付、現時点では商品を手配出荷する事が出来なくなりました為にキャンセル処理をさせて頂きます。

 

 

http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2021/03/post-de2be2.html

 

 

アビガンの対日輸出をインド政府が禁止した事実はない!

 

 

リチャード・コシミズブログの英文をgoogle翻訳

 

 

『ファビピラビル錠の輸出制限に関する政府からの通知はありませんでした。

 

普段は日本に輸出しているので気にしないでください。

 

迷わずご注文いただけます。』

 

 

2021/03/17 08:09

 

 

 

問い合わせたところ、「現地発送元から国内取次元を経由して得た情報は昨日お伝えしたとおり、インド政府による特定成分を含む製品の輸出禁止措置です。」との回答が来ました。

 

2021/03/17 10:08

 

 

 

 

個人輸入の代行店(ベストドラッグ・欧州屋・ヒマラ屋・お薬堂・ウェプロス)から注文をキャンセルされてしまった皆様へ

 

 

私は、昨日(3/16)の妨害がなされる前に、ベストドラッグを通じた個人輸入でファビフルの購入を申し込み(2/18)、リチャード先生と同じ日(3/12)に受け取りました。しかし、注文から宅配までに3週間近くもかかることが不満だったので、こうした代行店を仲介しない(しかしもちろん薬機法上で完全に合法的な)購入方法を調査し実行しました。

 

 

2021/03/17 18:21

 

 

今朝「欧州屋」さんより下記メール届きました。

 

 

【重要】Fabifluの配送状況につきまして

 

---------------------------------------------

 

Fabifluの主成分である「ファビピラビル」が、規制のためインドから輸出禁止となりましたので、当店での取次も一時中止とさせていただきます。

 

 

Fabifluの取次再開につきましては、現在のところ再開の見込みがたっておりませんが、当店といたしましては、今後も発送元からの情報収集と新ルートの開拓を進めて参りますので何か新しい情報が入りましたら随時ご案内させていただきます。

 

 

なお、ご返金も承っておりますので、ご希望の方は下記をご参照のうえ、お振込み口座情報をご連絡願います。

との事でした。

 

 

やはりワクチン接種させる為に都合の悪い薬は圧力が掛かっているのでしょうね。

 

 

取り急ぎ報告まで。

 

 

2021/03/18 08:44

 

 

 

今朝「お薬堂」さんより下記メール届きました。

 

 

かなりの長文なので何回かに分けて送信します。

 

 

RE: 【お薬堂】キャンセルのご案内

 

 

 

---------------------------------------------

 

 

↓高瀬様のご質問について下記、長文となりますがご案内申し上げます。

 

 

ご注文を頂いた、お客様に対して、キャンセルメールさせて頂いた内容はインドの発送元企業より回答を受けた内容をそのままお伝え致しました。

 

 

他のお客様からもインドで輸入規制や制限はされていない、というを声を頂き、弊社でもインドの薬の個人輸入の事に詳しい業界関係者や同業他社からもリサーチして
情報取得した事を今日時点の内容でお伝えしておきます。

 

 

先ず、同業の他の個人輸入代行業で輸入可能な業者がございません。

 

 

他の同業も同様に現地の手配出荷が不可能でした。

 

 

次に、ここからは過去にあった薬の規制例をもとに現在、起きていると考えられる推測を申し上げます。

 

 

日本への「ファビフル」の出荷規制はインド政府の意志でかけているのではなく、インドの税関で全て止めている状況の可能性が高いです。

 

2021/03/19 01:58

 

 

 

止めているのはアメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)の力が働いている様子です。

 

 

インド政府自体は世界の諸外国に対して、大きな権力があるとは言えず、インドの空港の税関に大きな権力を持っており、薬を通関させなかったり、止めたりできるのはアメリカFDAであるのが事実です。

 

 

ご存知の通り、日本はアビガンを新型コロナの治療薬として未だに厚労省が認可を下ろしません。

 

 

国内企業富士フィルム製の自国の先発薬にも関わらず、認可が下りないのはこれから、国民に行き渡るファイザー製のワクチン接種がアメリカの利権となる事が、影響を受けていると考えられ、裏では日本政府とアメリカが手を組んでインド税関を止めている可能性が高いのではないか、という事でした。

 

 

ご納得を頂けないお客様には上記内容をお伝えするつもりですが証明する事は出来ない為にあくまでも推測のお話となってしまいます。

 

 

アビガンは他国でもコロナ治療に大きな効果を出しており、感染初期段階の服用で軽症で完治したり、重症化、死亡も防げる特効薬と言われております。

 

 

2021/03/19 02:01

 

 

 

今回、お薬をご希望された中には医師も何人か居られます。

 

 

現場の第一線に立っているお医者様が患者の治療目的で使用したくても手に入らなくなった為に非常に残念でならない。と言われました。

 

 

現状況は私共、輸入代行業者や現地の出荷元インド企業、インド製薬会社では何を言っても変えられるお話では無く、巨大権力で牛耳る黒幕の存在がある限り、再び、薬を出してもらえるようなレベルではなくなりました。

 

 

アビガン及びアビガンのジェネリック薬は痛風や妊婦は使用出来ません。

 

 

副作用やサリドマイドの様な被害を生む可能性を秘めています。

 

 

知識のない方が個人輸入で人命事故や身体障害を起こしてしまう可能性も秘めている為に日本の厚労省が出元を絶ち、個人輸入で入らない様にすることも考えられると思います。

 

 

国内企業富士フィルム発のお薬でも現時点ではアビガンの製造は日本政府主導で
コントロールして実権を握っています。

 

 

上記の様なお話から弊社でもお薬を手配させて頂きたくても本当に出来ません。また、他の個人輸入代行業者も同じです。

 

 

2021/03/19 02:02

 

 

>アビガン及びアビガンのジェネリック薬は痛風や妊婦は使用出来ません。副作用やサリドマイドの様な被害を生む可能性を秘めています。

 

 

について補足です。アビガンは妊婦には禁忌ですが、それ以外の人には使用可能です。

 

 

アビガンを叩く為に、副作用が捏造されました。その情報が拡散されたので副作用の認識が間違っている人が多いです。

 

 

開発者の白木教授曰く、アビガンはアメリカのFDA(食品医療品局)と、日本のPMDA(医薬品医療機器総合機構)が、徹底的に調べて、重篤な副作用がないと結論づけられて承認されています。

 

 

ちなみに、妊婦に禁忌は、ハーブティーやアロマ等身近にもたくさんあります。

 

 

 

この輸入止めはいつまで続くか、また、すぐに再会するかもしれませんが
現段階では全く不明で分かりません。

 

 

過去のこの様なケースでは規制がかけられた薬がすぐに再開することはなく、今の状況に置き換えれば、国民のワクチン接種→コロナ終息後、需要がなくなってから再び再開される事が多いようでした。

 

 

上記の様な内容をご踏まえ頂きまして何卒、ご理解ご了承願います。

 

 

ご質問やご不明な点がございましたら、こちらからお願いいたします。

 

 

お薬堂 support@okusurido.shop

 

 

との事でした。やはりワクチン接種させる為に都合の悪い薬は圧力が掛かっているのでしょうね。取り急ぎ報告まで。

 

 

2021/03/19 02:02

 

 

私は3月13日代行店に発注、インド時間3/15 14時発送、3/16 11時インド通関、3/21 19時日本着、3/22 9時税関着で、国内輸送中です。

 

 

インド政府がファビピラビルの禁輸についてインド大使館に問い合わせていますがナシの礫です。日本の代行店は品切れ中ですね。

 

 

厚労省が代行店に圧力掛けているのではと思います。

 

2021/03/22 18:53

 

 

全部を紹介するのは大変なのでここで終わります。全部を読みたい方はリンク先へ。

 

 

こちらは、リチャード・コシミズ氏の動画です。

 

https://twitcasting.tv/egizm4hflw1tzx9/movie/673359844

 

 

 

 

 

 

以下は2月24日にアップされたお医者さんの動画です。

 

 

 

アビガンは今どうなっているのか

 

 

 

 

この動画のコメントです。

 

 

私の住んでいる県でもアビガン・レムデシビル・デキサメタゾンの3つの薬で治療しているとテレビで言ってました。

 

 

医療従事者の親族も怖いワクチンよりも早くアビガンを承認してワクチンを接種しなくともいいようにしてほしいと言ってました。

 

 

今の政府には本当に不信感しかないですね。

 

 

先生のような動画は本当に大事だなぁと思います。

 

 

テレビは どのチャンネルを見てもワクチンを勧める話ばかりですからね。

 

 

 

先生いつも配信有難うございます。

 

 

わたしは基礎疾患ありですが絶対にワクチン接種しません。

 

 

このワクチン利権の為にアビガンは承認されません。

 

 

ですがメディアに出演されてるクリニック医師は陽性になって入院し、最終的にアビガンで回復されてます。

 

 

もっと声をあげて欲しいのに言わない。

 

 

わたしもデカドロンを服用しそれでも駄目ならアビガン希望します!

 

 

 

アビガンは日本の薬なのに 日本人はマトモに治験もしていないワクチンに犯されていますね。アビガンを予防薬がわりに飲んだ方が安全なのに 狂ってますこの国は

 

 

世界で第二位の規模の台湾のヒドロキシクロロキンの工場が爆破された時、やっぱりと確信しましたね。

 

 

台湾のヒドロキシクロロキン工場が爆破されたらしい

 

 

【ヒドロキシクロロキンの効果】危険な薬だと言われ、推奨する医師ごと叩かれた理由

 

 

 

富士フィルムはアビガン承認を本気でやる気ないよ。厚労省とグルになってヤルヤル詐欺。

 

 

マサチューセッツでの治験結果でも良い結果出てるのに報道発表もしていない。

 

 

ダイアモンドプリンセス患者で240余人に投与で死者ゼロ。

 

 

標準治療の500人で死者13名。

 

 

フィッシャーの直接検定で確立0.56%、薬剤承認の基準の5%より遥かに効く。

 

 

昭和医大で重症者に観察研究で投与して死亡者ゼロ。

 

 

これで認証しないのはイチャモン。

 

 

日本でも数万人に投与されてるから、肝機能障害、妊婦影響が問題なら厚労省が大喜びで発表するだろ。

 

 

インドの死者は1100人/日が現在100人/日、人口比で日本に直せば7人/日。

 

 

 

一番簡単なコロナの解決策

 

 

 

変異株騒動は、新型コロナワクチンの副作用発生地域と時期が被っているので、ワクチンを止める。

 

 

【×打たないと感染する。〇打つから感染する】コロナワクチンを打った結果、陽性者も死者も増えている

 

 

思った通り!ワクチンの副作用を新型コロナのせいみたいに語るケースが増えています

 

 

 

 

それだと、薬がないと怖いと騒ぐ人がいるから、

 

 

代替にアビガンとイベルメクチンを使えるようにすれば大丈夫です。

 

 

イベルメクチンも実績があるのに広く活用されていません

 

 

 

 

 

 

 

 

症状がある人だけに使えばいいので、健康な人にまで打つワクチンより安心・安全です。

 

 

 

コロナ騒動は政治なので、その視点で見ていない人は、医療従事者であっても、新コロの存在証明がされていない事や、PCRのインチキを知りません。

 

 

 

 

 

 

コロナがある、PCRでコロナに感染しているかどうか分かると思っておられます。

 

 

 

そういう人には、薬の話をしてあげるのが一番です。

 

 

 

コロナの存在否定や、PCRの否定は、受け入れられない人も多いので...。

 

 

 

勘違いするな!陽性者は感染者ではない

 

 

 

薬が嫌いで新コロの存在証明はされてない事を知っている私が、アビガンやイベルメクチン等の治療薬を紹介する理由

 

 

 

 

コロナがただの風邪で嘘なら、こんなひどい症状になる人はいない。

 

 

 

...の「ひどい症状」の1つに、小児多臓器炎症症候群があります。

 

 

 

症状の説明を読んでみると、結構怖い。

 

 

 

これをコロナの原因だと思っていたら...。

 

 

 

でも、もっと視野を広げると、他に原因がありそうなので、その話をします。

 

 

 

 

小児多臓器炎症症候群とは

 

 

こちらに症状が説明されているので、まずはご覧下さい。

 

 

新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両脚を切断

 

 

ミシガン州在住の10歳の少年が、両手と両脚の切断を余儀なくされた。原因は新種のまれな病気「小児多臓器炎症症候群=MIS-C」で、新型コロナウイルス感染症と関連していると考えている。

 

 

デシュン・ジャミソンという名のこの少年は、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されてから間もない2020年12月にMIS-Cと診断された。

 

 

そして今年1月15日に右脚を切断。さらに2月22日には左脚と両手を切断した。

 

 

MIS-Cは、小児や若者を襲う新たに発見された症候群で、アメリカ国内での症例報告は現時点で2060件とされている。

 

 

この症候群により死亡したとされる事例は30件にのぼる。

 

 

この症候群についてはまだ専門家も多くを知らず、何がこの原因かもわかっていない。

 

 

だが、これまでにMIS-Cと診断された患者の99%は新型コロナウイルスに感染しており、残りの1%は新型コロナウイルスの感染者と接触していた。

 

 

 

「小児多臓器炎症症候群(MIS-C)は、心臓、肺、腎臓、脳、皮膚、眼球、胃腸など、全身のさまざまな部位が炎症を起こすものだ」と、米疾病予防管理センター(CDC)は解説する。

 

 

 

症状には、発熱、腹痛、嘔吐、下痢、首の痛み、発疹、目の充血、倦怠感などが挙げられる。

 

 

子どもが症状を示した場合、保護者はただちに緊急診療を受ける手配をするよう推奨されている。

 

 

注意すべき症状は、呼吸困難、しつこい胸の痛みや圧迫感、目が覚めない、もしくは起きていられない、腹部の激痛、意識障害の兆候、顔や唇が青白くなる、などだという。

 

 

1〜14歳が多いが20歳の例も

 

 

デシュンの母親ブリトニー・オートマンは、地元テレビ局KNWAの取材に対して、「息子が横になって転がり始めたのに気づいた。頭痛がすると言ったので病院に連れて行ったが、その前日と連れて行った当日は高い熱が出ていた」と語った。

 

 

 

オートマンは、支援サイト「ゴー・ファンドミー(GoFundMe)」のページを立ち上げ、息子への支援を呼びかけるとともに、この症候群についての認識を高めようとしている。

 

 

「手術は成功し、医師たちは息子の痛みを鎮めようと努めている。デシュンは自分の手足が切断されたことにとても動揺していて、その様子を見ていると心が痛む。これからもぜひ祈りを届けてほしい」と、オートマンはゴー・ファンドミーのページへの最新投稿で書いている。

 

 

MIS-Cの症例の大半は1歳から14歳の小児で発生しているが、最も年齢が高い事例では20歳の若者が発症したケースもある。

 

 

「新型コロナウイルス感染拡大の初期には、子どもや若者は成人と比較して感染や重症化の可能性が低いように見えた。

 

 

さらに、感染しても無症状か軽症で済むケースが多いと考えられていた」とCDCは述べ、次のように続けている。

 

 

 

「だが、流行が拡大する中で、子どもや若者の感染例が増加した。こうした症例の増加が、今後MIS-Cの症例の増加につながるのか、今はまだ何とも言えない」

 

 

 

 

まずは、要点を書きだします。

 

 

 

1、認識

 

専門家も多く知らない

 

原因が分からない

 

新種でまれ

 

 

 

2、名前や症状の特徴

 

 

臓器炎症する症候群

 

 

心臓、肺、腎臓、脳、皮膚、眼球、胃腸など、全身のさまざまな部位が炎症を起こす

 

 

症状には、発熱、腹痛、嘔吐、下痢、首の痛み、発疹、目の充血、倦怠感など

 

 

呼吸困難、しつこい胸の痛みや圧迫感、目が覚めない、もしくは起きていられない、腹部の激痛、意識障害の兆候、顔や唇が青白くなる

 

 

両手両足切断するケースがある

 

 

 

3、かかる人の特徴

 

 

小児や若者

 

大半は1歳から14歳の小児で発生

 

20歳の若者も発生

 

 

 

4、新コロが原因だとする根拠

 

 

PCR陽性判定

 

患者の99%が新コロに感染している

 

 

 

なぜこんな症状が起きるのか、

 

 

 

それも若い人に。

 

 

 

こう考えられるという話をします。

 

 

 

多臓器炎症を引き起こす恐ろしいメカニズム

 

 

専門家が知らなくて、原因がわからなくて、新種でまれ...だからコロナ

 

 

...は酷い診断です。

 

 

PCR陽性も、PCR自体が誤診率90%なので、正確ではありません。

 

 

新種でまれだからこそ、もっと慎重に分析する必要があると考えます。

 

 

 

特徴を見たら、他に有力な候補があります。

 

 

まず、臓器炎症する症候群という部分に注目しました。

 

 

 

多臓器が炎症と言われると、思い出すんですね~これを。

 

 

 

 

 

以下は当ブログでもよく紹介する、世界医師連盟の会長で、免疫学が専門のドローレス教授です。

 

 

 

聞いている全員が絶句する程の、臓器炎症の恐ろしい説明をしてくれます。

 

 

 

 

 

 

これはコロナワクチンの副作用の話ですが、

 

 

多臓器が炎症するのは、コロナワクチンの専売特許ではありません。

 

 

 

 

【ワクチンは危険!】病気を予防するのではなく病気にさせるためのものであるという証拠、てんこ盛り!

 

 

「健康そのもので生まれた赤ちゃん。現行の"狂気"のワクチンスケジュールに従ったため、敗血症によるショックに陥った。

 

 

全身の炎症から、四肢を切断する結果に。

 

 

敗血症は、乳幼児においてはほぼ100%ワクチンが原因である。年に75000人、1日に200人以上が犠牲になっている」

 

 

 

写真があるけど、相当可哀想なので載せません。見たい人はリンク先へどうぞ。

 

 

 

ワクチンが原因で、多臓器に炎症が起こります。

 

 

 

地獄のワクチン接種スケジュール

 

 

 

最近の子供ってワクチンの数が凄く多いみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

私が子どもの時はこうではなかったです。いつの間にこうなったの?って感じです。

 

 

若い世代ほど酷いので、子供を中心に発症するでしょうね。

 

 

 

 

ワクチンの中身

 

 

今までのワクチンは鶏卵法と言って、卵の中でウイルスを培養して作ります。

 

 

 

※高橋徳先生の動画を参考にしています。

 

 

 

 

ワクチンの中には、ウイルスの他に、色々とヤバい物が入っていて、それはちゃんと医薬品添付文書に載っています。

 

 

 

 

薬害に詳しい内海先生の解説をご覧下さい。

 

 

 

情報発信者Mitzさんに言わせると、汚い物質の詰め合わせセット、ハッピーセットの真逆です。

 

 

 

 

 

鶏卵法のワクチンには、水銀やアルミニウムが入っています。

 

 

 

ちなみに、コロナワクチンは、「遺伝子ワクチン」なので保存料に水銀は使えません。水銀が使われているのは以前のワクチンです。

 

コロナワクチンは水銀が使われていないから安全と考えないようにお願いします。これは異質の遺伝子を注射するので別の危険性があります。水銀はデトックス可能ですが、遺伝子操作は改善できません。打ったら終わりです。

 

打ったら終わり!“ワクチンの異質の遺伝子”が逆転写によって人間のDNAに取り込まれる危険性あり

 

 

 

最近の若い子は、(従来の金属が含まれているタイプの)色んなワクチンを打っています。

 

 

 

今回問題にしたいのは、水銀やアルミ等の金属です。これが厄介なんです。

 

 

 

金属は電磁波を引き付ける

 

 

電磁波は(周波数によって)体に悪い影響を与えますが、それ単体よりも、金属を組み合わせる事でダメージが増します。

 

 

 

まずはアルミの話から。

 

 

字幕大王さんの記事から。リンク先から日本語字幕付き動画が見れます。

 

 

 

 

ドクター・トーマス・コーワン:コロナウイルスとは何か?

 

ところで、もっと早く言うべきでしたが、これは実際にワクチン問題と関係してるんです。

 

 

これが元に戻らせるんですが、なぜなら、一年前ほど、患者がきたんです、彼は完全に健康なサーファーで。。。

 

 

彼は電気技師で、仕事としては非常に裕福な家にWiFiシステムを設置することでした。

 

 

電気技師というのは、非常に高い死亡率なんです。

 

 

しかし、彼は元気でした。

 

 

しかし、彼は腕を折ってしまい、その中に金属プレートを入れました。

 

 

三ヶ月後、彼はベッドから起き上がれず、完全に。。。。完全な崩壊ですよ。

 

 

感染しやすさとは、身体の中にどれほど金属が入ってるかなんです。

 

 

そしてまた、細胞の中の水の質ですね。

 

 

 

ですから、人々にアルミを注射し始めれば、彼らは、ますます増強される電磁気フィールドの吸収装置になるんです。

 

 

 

これは最悪な状況になります。種の崩壊です。それが我々の今経験していることです。

 

 

 

次は水銀です。

 

 

歯の金属も影響を受けます。だから銀歯を取ると電磁波による障害が和らぎます。

 

 

以下は、実際にその治療を行っている神戸の歯科医師の藤井佳朗氏の解説です。

 

 

 

全部取らなくても、量を減らしただけで変化があるみたいです。

 

 

 

 

 

 

水銀は治療中の歯科医師が吸い込むと危険なので、防護服を着ます。マスクだとダメみたいです。

 

 

専門的な道具が使われているので、治療費も高いかもしれないです。

 

 

 

でも取れるだけマシです。

 

 

 

金属入りのワクチンを一回だけでなく、何度も打つと、それだけ体に入っていきます。良いわけないですよね。

 

 

 

 

 

 

チメロサールの毒性については、こちらの記事も参考になります。

 

ワクチンと抗がん剤の共通点

 

 

 

 

 

電磁波は、体の水分量が多い女性や子供の方が影響を受けやすいです。

 

 

 

また、金属は体内になくても、体の近くにあると体調不良の原因になります。

 

 

 

『バイオレゾナンスが蘇らせる“いのちの力”ドイツ発「気と波動」健康法 / 著者:ドイツ振動医学推進協会 ヴィンフリート・ジモン』

 

 

◎金属製品を点検

 

 

アースされていない伝導性のある物質(たとえば、鉄などの金属)は、交流電場の近くに置かれているとそれ自身が帯電して、大きな交流電場を発生させます。

 

 

オフィスによくあるスチール製の机を思い浮かべてください。

 

 

机の下には、たぶんOA機器のコードがたくさん引かれているでしょう。

 

 

あるいは近くの壁の中には、さまざまな屋内配線が隠れているはずです。

 

 

それらのコードや配線による交流電場の中にあるスチール机は、帯電によって、それ自体が大きな電場をつくります。

 

 

ですから電磁波過敏症で悩む人は、身近に金属の家具があるかどうかを調べてください。

 

 

スチール机や金属棚、鉄製パイプのベッド、マットレスの中のスプリング.....私たちの周りには、電場の原因となる金属が意外にたくさんあります。

 

 

 

 

金属がどれどれだけ体に入っているか、

 

 

身の回りにどれだけ金属が置かれているか、

 

 

身体の水分量

 

 

...電磁波を受けやすいかどうかは、条件によって差があります。

 

 

 

5Gがスタート

 

 

これまでの従来型のワクチンを数多く接種してきた子供は、おそらく金属が体の中に蓄積しているでしょう。

 

 

 

どれだけデトックスできているかも関係します。

 

 

 

この状態で5Gがスタートしたらどうでしょう。

 

 

 

5Gの基地局があちこちに建てられました。

 

 

 

基地局からの距離や、どれだけ使用するかにもよりますが、今まで以上に電磁波被曝します。

 

 

 

小児多臓器炎症症候群の症状に、こんなのがありましたね。

 

 

症状には、発熱、腹痛、嘔吐、下痢、首の痛み、発疹、目の充血、倦怠感など

 

呼吸困難、しつこい胸の痛みや圧迫感、目が覚めない、もしくは起きていられない、腹部の激痛、意識障害の兆候、顔や唇が青白くなる

 

 

 

 

そして、これは電磁波による症状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは5Gが始まる前の情報です。

 

 

 

5Gの電波は指向性なので、端末を使えばもっと危険です。

 

 

基地局が周辺に建つだけでも負担ですが、5Gの端末を使う人は、その時間が多い程、

 

 

より強い電磁波被曝をすることになるでしょう。

 

 

 

 

携帯に限らず、こういう生活は良くないですね。5年前、10年前の子供に無かった環境です。

 

 

 

 

 

もちろん体に金属がより多く入っている人の方がダメージが大きいです。

 

 

 

 

電磁波の症状

 

 

有害物質を体に入れるので、いつ何が起きるか分かりません。

 

 

症状が起きた時は時間が経っているため、本当の原因を忘れている、別に原因があるのではと考える。

 

 

よくある話です。

 

 

【ワクチンは危険!】このペースだと2032年には10人中8人が自閉症に!発症するかどうかの差は?

 

 

 

 

 

爆弾のように爆発するそうです。

 

 

ワクチン + 電磁波

 

 

全く違う性質ですが、体の中で反応することによって、大きな破壊力を産むと考えられます。

 

 

多臓器に炎症が起きる可能性も視野に入れた方がいいです。

 

 

でも、普通のお医者さんにこの考察ができるでしょうか?

 

 

 

ワクチンの副作用

 

 

私は「症候群」と名前がつく病気は胡散臭いと思っています。

 

 

 

以前、熊本県で子供が三種混合ワクチンの副作用で亡くなったのを、あからさまに因果関係があるのに、「乳幼児突然死症候群」と発表したと、

 

 

細川博司先生と、久保田史郎先生が話されていました。

 

 

 

 

 

細川博司チャンネルにあった、対談のこの回が見当たらないので、消されたのかもしれません。

 

 

 

「なんとか症候群」は、無限に作れます。

 

 

何らかの問題を隠蔽する為に造られた病名ではないかと疑ってしまいます。

 

 

 

PCRで何故陽性になるのか

 

 

 

小児多臓器炎症症候群の人がPCR検査陽性になる理由を考えます。

 

 

 

いつもなら、PCRは診断用ではなく偽陽性が多い、だから誰が陽性になってもおかしくない...で終わるのですが、今回は別の視点で考えてみます。

 

 

 

ワクチンや5Gが原因で、PCR陽性(感染者という事になっている)になる可能性があります。

 

 

 

理由は3つです。

 

 

 

1、どのワクチンも、打った人が感染する →PCRはどんなウイルスでも陽性が出る(死んだウイルスでも)

 

 

 

2、免疫力が下がるので常在ウイルスが増殖する

 

 

 

3、電磁波を浴びるとエクソソームが放出される

 

 

 

1、2はこれまで何度も説明しているので今回は省略します。知りたい方は以下を。

 

 

 

 

1はこの動画。

 

 

 

 

 

2はこちら。

 

 

勘違いするな!陽性者は感染者ではない

 

 

コロナは風邪なのか、怖い病気なのか、そろそろ決着をつけよう。鍵はPCR検査のインチキ。

 

 

 

 

説明したいのは3です。

 

 

 

 

ウイルスにそっくりなエクソソーム

 

 

細胞が傷つくと、エクソソームという物質が出ます。

 

 

 

 

 

電磁波を浴びることによっても放出されます。

 

 

こちらの動画で流れが掴めると思います。

 

 

 

 

 

 

電磁波を浴びる事で放出されるエクソソームは、PCRで陽性になる可能性があります。

 

 

 

 

基地局が建った場合、その周辺にいる人は影響を受けます。5Gでは鳥が落ちる現象が確認されています。

 

 

 

 

 

端末を持っているかいないかでダメージに差がでます。

 

 

 

電磁波を浴びた人達から同じようにエクソソームがでるので、そこにいた人を検査すれば、全員陽性反応が出る可能性があります。

 

 

 

すると、近くにいた人、接触した人から移ったような錯覚をするわけです。

 

 

 

エクソソームの知識がないとですね。

 

 

 

ちなみに、ウイルスとはこのエクソソームであるという説もあります。自身の体から出るものなので無害、感染説も嘘になります。

 

 

 

 

正直言うと、私もそのように考えていますが、ウイルス説もエクソソーム説も、どちらの可能性も踏まえた上で話をしています。

 

 

 

エクソソーム説をなかった事にする傾向があるので、そうじゃなく、もっとしっかり研究してほしいと思っています。

 

 

 

あと、電磁波障害について、もっとみんなが知るべきです。これを知ると何か起きても冷静になれます。

 

 

 

 

例えば、集団で同じものを食べて、大勢の人が食中毒になったとします。でも中には何も起きない人もいます。同じ環境でも、体力があれば平気...ということはあります。

 

 

 

この場合は、みんなこう考えます。

 

 

 

みんなが同じ悪い環境にさらされて、みんながダメージを受けた。

 

 

でもその中で平気な奴が何人かいた。

 

 

原因は食品だ。

 

 

 

 

Aさんから、Bさんに移ったとは考えません。

 

 

それはダメージを与えた食べ物が、見えるから、そして「食中毒」という知識を知っているからです。

 

 

 

「食べ物」を「電磁波」に置き換えてみます。

 

 

 

電磁波は、浴びる量、距離、時間、その人の体力によって影響が違います。

 

 

 

みんなが集まっている所で電磁波被曝をして、大勢になんらかの症状が出た。

 

 

でも数人は平気だった。

 

 

 

すると、ほとんどの人は、AさんからBさんに移ったと考えます。

 

 

 

目に見えないし、「電磁波障害」という知識がないから、原因が別にあると考えるのです。

 

 

 

 

新コロが原因の症状ではないと断言できる理由

 

 

新型コロナの症状といわれるものはたくさんありますが、ことごとく否定してきました。

 

 

その理由がこれです。

 

 

 

●PCRは新型コロナウイルスを見つけるものではありません。

 

PCR検査関連 の 記事一覧

 

 

●新型コロナウイルスは分離されていなくて、存在の証明がされていないので、これが原因だと誰も確認できません。

 

新型コロナウイルスは怖くない【その⑤】そもそも新型コロナウイルスの存在が確認されていない

 

 

 

 

解決法

 

 

新コロだと言われるあらゆる症状は、原因が別なので、本当の原因を追究することが解決法です。

 

 

 

今それを全くやっていません。

 

 

 

出てきても全て潰されます。

 

 

 

おかしな事を指摘したら圧力がかかるし、

 

 

 

 

 

効果のある治療法は叩かれる。

 

 

 

 

 

 

技術的には可能でも、邪魔が入ってダメになるのです。

 

 

 

本当の原因を追究する妨げになる事を止めれば解決します。

 

 

 

●陰謀論・デマという人間の存在

 

●誤診の多いPCR

 

●5G

 

●ワクチン(治療は他の方法で新型コロナの治療法一覧

 

 

 

 

PCR陽性だったら「コロナ死」にできる詐欺の指南書も。

 

 

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

 

 

 

 

 

 

 

逆に言うと、これを無くさない限り、いくらでも症状や後遺症を捏造できます。

 

 

キリがありませんよ。

 

 

あと新コロ存在証明がされていない事や、無症状感染はない事が証明された事もちゃんと国民に発表する。

 

 

 

ワクチンの副作用や、電磁波が原因で体調不良になるのに、陰謀論だーとかいって考えないから、いつまで経っても解決しないし、同じ被害が何回も続くんです。

 

 

 

問題を茶化さずに真面目に受け止めて、こうやって、1つ1つ検証していけば解決します。

 

 

 

嘘を分析するのは大変なので、この方法がいいかも