毎年、インフルエンザになる人は1000万人、

 

 

 

亡くなる人は3000~10000人と言われていました。

 

 

 

身近な人がインフルエンザになった話もよく聞きました。

 

 

 

でも、新型コロナにかかったという人はいない...

 

 

 

知り合いの知り合いに1人いたくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ感染者が多く感じるのは、メディアによる恐怖の演出が原因です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※コロナの感染者数はすべてPCRによる水増しです。そのインチキでもこの数字です。

 

 

 

 

 

 

感染者が多いとか、医療崩壊も全部嘘なのでそのトリックを解説します。

 

 

 

 

一つの手口ではなく、複数の手口を組み合わせているので、1つの分野だけ得意な専門家は騙されやすいです。

 

 

 

医療崩壊の原因

 

 

まずは、システムの問題から。

 

 

無症状者を入院させるので、本当に入院が必要な人が医療を受けられなくなっています。

 

 

片岡ジョージ@4コマ漫画家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変じゃない証拠。こういうのは絶対報道しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

実績があって安くて副作用が少ない治療法を使いにくくする

 

 

新型コロナの治療法はたくさんあるのですが、どれも弾圧されました。

 

 

 

現在も使いにくい状態です。

 

 

 

アビガンを例にすると、「副作用が酷い」とか、「効果がない」とか、メディアで繰り返し伝える事によって、そのように信じる人が増えました。

 

 

 

医療従事者でさえ、本当に副作用が酷い、効果がない薬だと考えていることも分かりました。

 

 

アビガンは「ウイルスの増殖をストップさせる薬」なので、増殖する前の初期に投与する必要があります。

 

 

 

これはアビガン開発者の白木教授が何度もそう呼びかけています。

 

 

 

それなのに、わざと重症化させた後に使うなどして、「効かない薬」だと主張する医師もいました。

 

 

 

適切な使用をしないことで、効果がないと見せかける・・・有益な治療法の潰し方で、昔からよく使われてきた手口です。

 

 

 

ビタミンもこの方法で叩かれました。

 

 

 

これは政治の問題なので、「政治によって科学が歪められる」という見方ができないと専門家でも騙されます。

 

 

 

どんな圧力をかけられたかは、以下の記事を参考にして下さい。

 

 

新型コロナの治療法一覧

 

 

 

どれも、効果があって、副作用が極めて少なく、安いのです。

 

 

 

これらを使えば、治療にあたっている医療従事者の健康も守れますし、ベッドを占領することもありません。

 

 

 

医療崩壊等起こりようがないのです。

 

 

 

自粛も必要ないので、経済も崩壊しません。

 

 

 

治療法の弾圧で、今のような被害が生じました。

 

 

 

会社経営者はもっと怒った方がいいです。

 

緊急事態宣言に従わない飲食店の考え

 

 

 

【PCRは診断用ではない】捏造して感染者を増やす

 

 

感染者が増えた事も、医療崩壊の原因の一つです(インフルエンザには及びませんが)。

 

 

 

しかし、ここにもトリックがあります。

 

 

 

PCRは検査用ではないので、誤診が多いのです。

 

 

 

当ブログは国内外のPCRに詳しい専門家の情報を紹介しています。大橋眞先生や吉野敏明先生等。

 

 

 

ここでは、アンドリュー・カウフマン医師の短い説明を紹介します。

 

 

 

 

こちらがCt値。

 

増えるほど陽性が出やすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスに感染していなくても、陽性反応が出る場合があります。

 

 

誤診率が90%なので、医療ミスもいいところです。

 

 

 

 

これは私が適当に言っているのではありません。海外では裁判にもなっています。

 

 

 

 

 

PCR開発者のキャリーマリス博士は生前、次のように述べており、PCRを感染症の検査に使ってはいけないと考えていました。

 

 

 

 

 

 

彼の生前の姿も残っています。

 

 

以下の動画では(1:50~から)、

 

 

「PCRをうまくやれば、誰の中にもほとんどなんでも見つけられますよ」と言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

健康な人も、感染症以外の病気の人も、物でも陽性になるのです。

 

 

 

そうなると、「新型コロナウイルス感染症とは全く関係ない人」に、陽性者というラベルを貼ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

片岡ジョージ@4コマ漫画家

 

 

 

 

 

これによって数が増やせるわけです。詳しくはこちらの記事で。

 

 

PCR検査関連 の 記事一覧

 

 

 

 

インフルエンザ等の他の感染症患者がコロナ感染者になっている

 

 

インフルエンザが減ったのは、感染症対策のおかげではありません。

 

 

医師会の指示のおかげです。

 

 

 

 

 

 

 

PCRを受けて陽性になればコロナになります。

 

 

 

 

 

 

 

死亡診断の定義を変える(PCR陽性者は、別の死因で亡くなってもコロナ死)

 

 

 

PCR検査は、90%が偽陽性で誤診です。

 

 

 

にも関わらず、陽性者が亡くなれば、どんな死因であろうと、新コロで亡くなったとしてカウントされます。

 

 

 

ちなみに、日本では、毎日約3000人の方がお亡くなりになります。

 

 

 

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

 

 

 

 

そういう人達にPCRをして陽性だったら、コロナで死んだことになります。

 

 

現場の職員も確信犯です。

 

 

以下は活動家が地方自治体に抗議に行ったときのものです。

 

 

 

 

 

 

 

【金】コロナ患者を扱うと診療報酬UP

 

 

診療報酬目当てに、コロナ認定する医師がたくさんいました。

 

 

日本より海外の方が酷いです。検査もしていないのに陽性になった事にしたり、

 

 

被害者の人数が多いのはその為です。

 

 

 

 

多くの人が証言しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外程ではないですが、日本も金儲けをしている人達がいます。

 

 

 

 

 

 

新型コロナ重点医療機関等での空床確保、1日当たりICUで30万円超、HCUで21万円超、その他病床で5万円超の補助―厚労省

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まともな医師には圧力がかかる

 

 

不正に加担すると儲かりますが、

 

 

公益になる行動を取ろうとすると圧力がかかります。

 

 

嘘を暴いたり、本当に患者が治る治療法を推奨すれば、叩かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらへ。

 

医療従事者がコロナの嘘を暴こうとすると、圧力がかかるかかるようです。

 

 

 

 

 

医療従事者の知識不足

 

 

人にもよるのですが、素人でも分かる事を分かってない医療従事者が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の経験ですが、ちゃんと説明すれば、基礎知識があるのでインチキに気付いてくれる確率が高いです。

 

 

 

他の職業の人に比べると、興味を持ってくれたり、「調べてみる」と言ってくれる人が多いです。

 

 

 

彼らに適切な情報を与えないシステムに問題があります。

 

 

 

医療以外の知識が足りない

 

 

新型コロナウイルスが流行した時期と、5Gが始まった時期はほぼ同じです。

 

 

5Gの健康被害は多く報告されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下が、コロナが流行った場所と、5Gエリアの図です。

 

 

 

 

 

 

電磁波の健康被害に関心がある日本人は少ないので、電磁波障害が起きたとしても、気付かないでしょう。

 

 

 

病院に行っても解決しません。

 

 

 

電磁波の知識がある医療従事者が少ないからです。

 

 

 

電磁波対策が必要な患者に、その可能性を考えたり、対策の指導もないです。

 

 

 

当たり前ですが、この2つは解決の仕方が全く違います。

 

 

●感染症対策

 

 

●電磁波対策

 

 

 

電磁波障害になった患者に、感染症の治療や対策をしても効果はありません。

 

 

謎の症状が続きます。

 

 

 

「新型コロナがただの風邪なら、何故味覚障害が治らない人がいるのか?」について

 

 

新型コロナが嘘なら何故子供が重症化するのか【小児多臓器炎症症候群】

 

 

 

電磁波・5G関連 の 記事一覧

 

 

 

「コロナは怖い病気である」という結論で動いている

 

 

 

「コロナ怖い」は嘘です。

 

 

 

 

 

 

怖がらせる方法は、たくさんあります。

 

 

コロナ詐欺 の 手口 一覧

 

 

 

コロナは政治です。

 

 

医療詐欺によって、社会変革、これまでの世の中を初期化する事が目的です。

 

 

【自粛全て無駄】コロナ騒動が感染症対策で終わらない理由

 

 

 

 

 

 

 

コロナは科学を無視しているため、色んなところに矛盾が生じています。それを上手く描いた作品が、片岡ジョージさんの『コロナは概念』です。

 

 

 

コロナ騒動の本質を理解するほど面白くなります。