動物実験をすっとばして、いきなり人間に使っている新コロワクチンですが、接種した人が、

 

 

心筋梗塞、脳卒中、顔面麻痺、失明、失神、死亡

 

 

 

...と、副作用がとにかく酷くて、治療目的と言えない代物です。

 

 

 

命を守るとあれだけ息巻いていたのに、使用を中止せず、副作用を隠蔽し、接種を継続しています。

 

 

 

普通の人は首を傾げるでしょうね。

 

 

 

 

その理由を専門家がハッキリと言ってくれたので、紹介しておきます。

 

 

 

コロナワクチンは、正確にはワクチンではなく「遺伝子治療テクノロジー」で、遺伝子操作であると以前説明しました。

 

 

 

コロナワクチンはワクチンではない? ~その理由① 新コロの存在証明がないのでワクチンは造れない~

 

 

 

そして、これは生物兵器なんだそうです。

 

 

 

そう語るのは、リー・メリット博士です。

 

 

 

 

アメリカ海軍で外科医として働き、生物兵器の研究をしてきた経験があります。ちなみに、以前マスクの記事で紹介した人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

in deepさんの記事から。

 

 

コロナ第三波あるいは四波が「ADE(再感染時の感染増強)による修羅場になる」という予測が台頭する中、アメリカ外科医協会の前会長が「このワクチンは生物兵器だ」と非難

 

 

 

アメリカで尊敬を集める医師であり生物兵器研究者は、Covid ワクチンが「兵器化された薬」の一形態であると確信していると述べた

 

 

Respected doctor and bioweapons researcher believes Covid vaccines are a form of 'weaponized medicine'

 

 

sott.net 2021/02/02

 

脊椎外科医であり、米国外科医協会の前会長であるリー・メリット博士は、米メディア「ニューアメリカ」とのインタビューで、現在のコロナウイルスワクチンは、人々に対して配備されている危険な生物兵器であると確信していると述べた。

 

 

博士は、9年間、アメリカ海軍で外科医として働く一方で、以前に生物兵器を研究していた。

 

 

メリット博士はインタビューにおいて、現在米国で配布されているコロナウイルスワクチンの mRNA は、遺伝暗号を書き直し、その後のコロナウイルスの再感染に対して脆弱にすると言う。博士は、以下のように述べる。

 

 

 

「(昨年) 2月初めに、これは生物学的に操作された生物兵器だと確信しました。なぜなら(このワクチンの)データの検索から誰しもが弾かれていまして、これは検閲がかかっていることを示唆するものだからです」

 

 

 

 

生物兵器の研究に費やした時間に基づいて、メリット博士は、戦場で生物兵器を使用するのではなく、秘密の生物剤、経済戦争、国家間の力の誇示のプロパガンダに最も効果的な「第五世代の戦争」の時代に私たちは生きていると述べる。

 

 

 

「私たちがこの多次元戦争の一環として現在、生物戦に参加している場合、私たちが事前に治療方法を獲得してしまえば、ウイルスで人々を恐怖に陥れることはできません。それは重要なことです。なぜなら、このワクチンは感染を妨ぐことができないからです

 

 

 

「コロナウイルスワクチンは、接種した人の体にその病原体を与えるものではありません。行われているのは mRNA のプログラミングです。 mRNA は DNA のようなものですが、それは メッセンジャーRNA と呼ばれるもので、体内のタンパク質を作るものです。それはあなたの中のコンピューターチップのようなものです。 3Dプリンターに入れて、何を作りたいかを伝えて、それを印刷する。生物学的にこれと同等です」

 

 

 

 

「コロナウイルスワクチンの場合、この mRNA は、あなたの体すべての細胞で、コロナウイルスのスパイクタンパク質(または少なくともその一部)を作り出しています

 

 

 

 

私たち研究者は、この種のウイルスのワクチンについて動物実験で成功したことは一度もありません。あるいは、これまで人間で(この実験を)行ったことはありません。ワクチン接種後、(治験の期間中)実際に人々を追跡した最長の期間は 2か月です。これは、抗体依存性感染増強(ADE)の問題がないことを知るには十分な時間ではありません」

 

 

そして、博士は以下のように述べる。

 

 

 

「これは完璧なバイナリー兵器(二種類の化学物質が容器内に物理的に隔離された状態で同梱されている兵器)です。その mRNA に何がプログラムされているかを正確に知る方法はありません。なぜなら、ほとんどの医師はそのデータにアクセスできないからです」

 

 

 

 

「もし、生物兵器研究者としての私が、他国で軍隊を倒したいと思ったなら、それが自然界に存在しないことを知っている mRNA を作るだけです。誰もそのワクチン接種で死ぬことはありませんが、年後に「何かを放出」します。それは免疫増強死を引き起こします」

 

 

 

メリット博士は、人々に以下のようにアドバイスしている。

 

 

 

「今すぐパンデミックを抜け出したいのなら、それは本当に簡単なことです。まずテレビの電源を切って下さい。それからマスクを外し、それぞれの仕事を再開し、あなた自身の人生を生きて下さい」

 

 

 

 

 

以前記事にした、キャリー・マディ医師や、ドローレス教授が言っている事を補強するような内容です。

 

 

 

コロナワクチンはワクチンではない? ~その理由③細胞の再プログラム~

 

 

 

【遺伝子組み換えワクチン】打ってしばらくは問題なくても、自然のウイルスに晒されるとダメージが大きい

 

 

 

【キャリー・マディ医師が解説】コロナワクチンの効果は2か月、感染も防止できないことが分かった

 

 

ドローレス教授が語るメッセンジャーRNAワクチンの影響 (世界中で死亡や重篤な副作用が発生している理由)

 

 

 

 

私としては、生物兵器研究者としての見解が知れたのでいい勉強になりました。

 

 

 

●このワクチンのデータ検索から誰しもが弾かれる

 

●このワクチンのmRNAに何がプログラムされているかを正確に知る方法はない

 

●コロナワクチンはバイナリー兵器(二種類の化学物質が容器内に物理的に隔離された状態で同梱されている兵器)

 

 

 

データ検索から弾かれる...と似てるんですが、肝心な事を知ることができない状態は、他にも心当たりあります。

 

 

 

今回のワクチンの政府発表資料なんですが、重要だと思われる部分が黒塗りで見れなくなっていました。

 

 

 

こんな感じで。

 

 

 

https://www.pmda.go.jp/drugs/2021/P20210212001/672212000_30300AMX00231_A100_2.pdf

 

 

 

 

企業秘密だから伏せる...という事も考えられますが、これって普通の事なんですかね?

 

 

 

 

これに比べればマシですが。

 

 

 

 

 

 

でも、今回のものに限らずワクチンの中身って相当ヤバイので、隠されると余計疑ってしまいます。

 

 

 

以下はこれまでのワクチンの話です。参考にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、今までのワクチンはタンパク質が入っているので、保存料として水銀が使われていましたが、今回のコロナワクチンは遺伝子ベースなので(mRNAは)、保存料に水銀が使えません。いい保存料がないので、冷凍保存が必要というわけです。

 

 

 

 

で、リー博士の話で一番気になった部分がコレです。

 

 

 

「もし、生物兵器研究者としての私が、他国で軍隊を倒したいと思ったなら、それが自然界に存在しないことを知っている mRNA を作るだけです。誰もそのワクチン接種で死ぬことはありませんが、年後に「何かを放出」します。それは免疫増強死を引き起こします」

 

 

 

 

生物兵器は、時間を設定して効果を発揮させる事ができるみたいです。

 

 

 

リー博士が作るとしたら...の話ですが、その期間がここでは2年とされています。

 

 

 

情報ソースがハッキリしないのですが、アメリカ元大統領が言っていたとされる期間と同じです。

 

 

 

コロナワクチンは接種後5年以内に...

 

 

 

 

 

 

人によっては5年と言ってるので、正確なことは分かりませんが、接種した人が設定された時期に亡くなるようです。

 

 

 

 

以前紹介したロベルト・ぺトレラ医師の話をこの後で聞いてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

これも怖いですね。

 

 

 

「コロナウイルスワクチンの場合、この mRNA は、あなたの体すべての細胞で、コロナウイルスのスパイクタンパク質(または少なくともその一部)を作り出しています

 

 

 

シャリ―・テンペニー医師も似たような事を言っていました。

 

 

 

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12645305629.html

 

 

 

アレルギー/免疫学の専門家シェリー・テンペニー医師

 

 

mRNAワクチンの恐ろしさは、接種直後のアレルギー症状や急性脳症のみならず、遺伝子改変が進んだ14週目以降。

 

 

全身の細胞にスパイク蛋白ができ始め、自己免疫がそれらを攻撃、狼瘡や膠原病の様な自己免疫疾患に。

 

 

特に影響を受け易いのが女性の胎盤で、表面を覆う繊毛の形状がCovid-19のスパイク蛋白に元から近く、mRNAワクチンを接種すると…瞬く間に繊毛が新型コロナと同じスパイク蛋白に変化→妊娠不可に

 

 

徐々に人体を蝕み、人間の自然繁殖力を奪うのが目的の遅効性の殺人兵器だ。

 

 

 

副作用がなかったとしても、

 

 

遺伝子の書き換えによって細胞が変性してしまいます。

 

 

その結果、免疫システムが、変わってしまった自分の細胞を「敵」とみなして攻撃するようになるわけです。