感染症対策をしたり、授業が対面にならなかったり、帰省ができなかったり、イベントが中止になったり...

 

 

 

これらの自粛は、主に感染が拡大しているという「情報」と、人に感染させたら迷惑という「概念」に基づいて行われています。

 

 

 

我慢させられた人、損をした人は、その情報を提供しているのがどんな人達なのかを知った方が良いです。

 

 

 

 

捏造

 

 

HEAVENESE(へヴニーズ)さんの動画から、感染症対策の根拠となる数字を、大きくみせかけていた証拠を紹介します(動画の17:00~から)。

 

 

 

再UP完全版】『大混乱時代の幕開け』HEAVENESE Style Season 4 ever ! 2021.1.17号

 

 

 

 

 

問題となる部分の画像です。

 

 

怖がらせる為のインチキがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は国民同士を争わせる原因になるようなグラフです。

 

 

 

 

 

このグラフを見て、「感染した人が悪い」という意見が多いんだ...と真に受けた人は、

 

 

このような心理状態になる可能性があります。

 

 

 

●感染したら仲間外れにされると思う→(コロナは大したことないと思っている人まで、やってるパフォーマンスをする)

 

 

 

●感染した人が悪い=自粛しない人が悪い

 

 

 

どちらも社会に与える影響は大きいですが、特に問題なのが後者です。

 

 

 

「自粛しない人」と、「自粛する人」が争う原因になります。

 

 

 

 

 

 

どうでもいい事で争っていれば、他の肝心な事に目を向けなくなります。

 

 

 

分かっている人からすると、無症状感染なんてないので、誰も悪くありません。

 

“無症状者が感染させる”という説が嘘であるこれだけの証拠。

 

 

 

本当に悪いのは、無症状感染という嘘をつき、騙された国民同士を争わせるキッカケを作る人達です。

 

 

 

 

統計の操作は法律的にどうなの?

 

 

これは騙して損害を与えているので、詐欺ではないでしょうか。

 

 

 

放送法第4条違反はいつもの事なので驚きませんが、さすがの私もこの幼稚な統計操作には驚きました。

 

 

 

 

『一般財団法人 情報通信振興会』より引用

 

 

第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

 

 

 

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。

 

 

二  政治的に公平であること。

 

 

三  報道は事実をまげないですること。

 

 

四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

 

 

 

数を多く見せかける方法は他にもあります。言葉の定義を変える方法。

 

勘違いするな!陽性者は感染者ではない

 

 

 

偽陽性率90%のPCRを使う。

 

コロナは風邪なのか、怖い病気なのか、そろそろ決着をつけよう。鍵はPCR検査のインチキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を根拠にした自粛です。

 

 

闘っている人は、全く間違っていません。

 

 

 

 

 

 

皆様ありがとうございます!「神奈川県」コロナ禍でもやってるお店にこんな怖い手紙来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、日本でも従わない人達が増えています。

 

 

 

しかし、日本はまだこのインチキなコロナ騒動の本質に気付いていない人が多いです。

 

 

 

嘘をついてみんなの生活を苦しくする本当の理由は、以下の記事で説明しています。

 

 

 

【自粛全て無駄】コロナ騒動が感染症対策で終わらない理由